『運び屋』 クリント・イーストウッド

昨日クリント・イーストウッドの最新作(監督・主演)『運び屋』観てきました。
公開初日に映画を観るのなんて実に久しぶり。
たまたま時間があったからなんだけど、大好きなイーストウッド作品ということで期待しての鑑賞となりました。

予告編からイメージするほどのサスペンス色はあまりない。



人間味のあるアメリカのおじいさんを演じるイーストウッド。
描き方は明るく軽快だ。
だが、いつもながらに人生の悲哀を醸し出している。

実話を基にしたこの映画、ハラハラドキドキの大胆なストーリー展開はない。
しかし惹きこまれる。
演技力ももちろんだが、やはりイーストウッド監督の手腕ゆえだと思う。
年々映画を観る際の集中力に難が出てきた感がある僕だが、イーストウッド作品ではいつもすぐに映画の世界へと引き込まれていく。

それにしても彼の作品はいつも考えさせられる。
明確な結論ではなく、観るものへのさりげない問いかけのような佇まいで、迫ってくる。
そんな彼の作品が僕は大好きだ。

画像















大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック