『隠し砦の三悪人』

今日は黒澤明監督の名作『隠し砦の三悪人』について。
1958年に公開された冒険活劇的な娯楽作。
『スター・ウォーズ』が、この映画からいくつもの要素を取り入れていることは有名な話。




単純に面白い、エンターテイメント作なので、巨匠の古い名作といった印象を持つことなく楽しめる作品。
また、主人公である三船敏郎の存在感には目を見張るものがある。
この存在感、今の日本ではあまり感じることのできない、映画スター感(いい意味で)を魅せてくれる。

C‐3POとR2‐D2の元ネタである、百姓コンビの太平と又七がまたいい味を出している。

姫役の、当時新人だった上原美佐の凛とした姿もこの映画をより魅力的なものにしている。

画像











僕が好きな場面のひとつである、火祭りでみんなが踊るシーン。
ここが、実に開放的でダイナミック。
これを観て北野武の『座頭市』のラストシーンをイメージした人は多いはず。
たけしとしては、オマージュとして取り入れたのかも。
タップダンスになってるとこが、さすがのたけし流。



つまみ枝豆が、又七に似てるところがちょっと面白い。


黒澤作品、観たいなと思いつつもまだ未体験の方に最初の一作としてオススメしたい傑作であります。
『七人の侍』ももちろんオススメ作ではありますが、個人的にはこちらを推薦したいと思っています。

”世界の黒澤”と言われる所以を感じさせてくれる1958年の名作です!


大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック