『CURE』

先日お客さんから、
ホラーのオススメ何かない?
と聞かれたので、結構古くなるが『CURE』を推してみた。
1997年の、黒沢清監督による作品。
主演は役所広司。
僕は、傑作だと思っている。

僕はあまりホラー映画というのは観ないので、それほど引き出しは多くなく迷ったが『CURE』はかなり面白い映画だし、怖い映画だと思う。
ホラーというより、サイコ・サスペンスといってほうがイメージは近いかもしれないが。



記憶障害を患っている間宮(萩原聖人)とかかわった人間が次々と殺人を犯していく。
全ての事件に共通するのは、被害者はみな殺害された後に、首から胸にかけてX字型に切り裂かれているという事実。
病気の妻をストレスに感じながら、事件の真相を追う刑事の高部(役所広司)は、、間宮との距離を狭めていく。


怖い映画です。


CURE(キュア)とは癒しという意味の言葉。

間宮は、癒しの伝道師?

謎と恐怖が交錯する、日本のサスペンス映画を代表する作品だと思う。
もちろん洋画と比較してもそん色ない出来だと思っている。
ただ恐怖感って海外の人と日本の人ではかなり違うと思うので、海外の人がどう感じるかは分からないけど。

CURE [DVD]
CURE [DVD]
posted with amazlet at 19.07.19
KADOKAWA / 角川書店 (2016-03-25)
売り上げランキング: 29,491


事件のカギとなる間宮を演じる萩原聖人が良い。
心理学の先生役のうじきつよしもいい味出してます。

cure.jpg

それほど多く体験していないホラー映画ですが、僕がこれまでで最も怖かったのは『エクソシスト』。
観たのは子供の時だけど、無茶無茶怖かった。
なので今また観返そうとは思いません。

他に怖い映画でオススメしたいのは(ホラーというわけではないが)、
『アイデンティティー』
『CUBE』
『ソウ』
等です。



また、怖いというより映画として面白いという意味から、
『スクリーム』
『ラストサマー』
もオススメです。



最近では、『ハッピー・デス・デイ』も面白い!
タイムリープ×ホラー。



続編もすでに上映中!!
大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント