『ラブ&ドラッグ』

今日は、アン・ハサウェイの裸がいっぱい観れるラブ・ストーリーをご紹介。 けして裸が売りの女優ではないし、そういう映画ではございません。 けっこうグッとくる映画であります。 なのでこういう書き出しは非難の的となる可能性があると思いますが、男子目線からすると、出し惜しみすることない美しい脱ぎっぷりには魅かれてしまいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『グッドフェローズ』

ギャング映画マフィア映画というのはよくあるが、なかでもこのマーティン・スコセッシ監督による『グッドフェローズ』は傑作だと思う。 またこの映画、ロックファンにとっては、音楽の使い方にとてもグッとくるものがあった。 音楽絡みで特に好きなシーンが、邪魔者をどんどん殺害していくことでのし上がっていく様子を描いたバックで「いとしのレイラ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『CURE』

先日お客さんから、 ホラーのオススメ何かない? と聞かれたので、結構古くなるが『CURE』を推してみた。 1997年の、黒沢清監督による作品。 主演は役所広司。 僕は、傑作だと思っている。 僕はあまりホラー映画というのは観ないので、それほど引き出しは多くなく迷ったが『CURE』はかなり面白い映画だし、怖い映画だと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ライフ・イズ・ビューティフル』

以前職場の後輩に、映画が好きじゃないという者がいた。 別にそれは人の自由、好きであろうが、なかろうが他人が口出すことではない。 しかし映画好きの僕としては、映画ファンを増やしたいということもあり、色々突っ込んで話をした。 そして彼がこれまでに観たことがあるという数少ない映画のタイトルを聞いてビックリした。 よくもまぁ、そんな映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『恋はデジャ・ブ』

Twitterのタイムラインで話題になっていたので、先日『ハッピー・デス・デイ』という映画を観に行ってきた。 主人公のビッチな女子大生が、誕生日の日、何者かに殺される。 そして目を覚ますと、ふたたび誕生日の朝。 彼女は不審に思いながらも、同じ一日を過ごし、また殺される。 そんな誕生日の一日を、何度も何度も繰り返す、いわゆるタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐野元春 「ハートビート」

10代のころ思い描いていた 50代の自分が手にしていただろうものは、何一つ手にできていない。 52歳まで生きながらえてきただけでも、よしとするか。 よしとしよう、今日のところは。 あまり考え込むと・・・・ 10代のころから佐野元春の音楽がずっと好きだ。 50歳を超えて聴く佐野元春。 10代のころは分からなかった歌の意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more