『フォーン・ブース』 コリン・ファレル

コリン・ファレル主演の映画『フォーン・ブース』(2003年)を今更ながらに観た。
当時とても評判だったので、観ようと思っていたのだがタイミングを逃し今に至っていた。
しかし、先日ブックオフで見かけてつい購入。

というわけで、2019年になってやっと鑑賞。
シンプルな感想を最初に言うと、

面白かった!!

コリン・ファレル演じる主人公スチュが、公衆電話から浮気相手の女性に電話をする。
そして会話が終わり電話ボックスを出た後、公衆電話のベルが鳴る。
電話を取るスチュ。
電話の主は、電話を切れば殺すと脅す。
彼はボックスの中のスチュをライフルで狙っていた。



いわゆるワンシチュエーションもの。
電話ボックスから出られない状況でのスリリングな展開。
特に前半はテンポがよくとても面白い。
81分というコンパクトな上映時間も、個人的にはポイントが高い。
何か面白い映画観たいけど、あまり時間ないな、という時には是非お試しあれ!

フォーン・ブース [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2017-12-20)
売り上げランキング: 38,451


観終わって思わず
イメージしたのが『SAW(ソウ)』。
あんな残虐なシーンは一切ないのだが、ちょっと『SAW』のジグソウを思い起こしてしまったのだ。

ちょっと犯人像被るとこあると思いませんか?
大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント