スガシカオ「黄金の月」

先日車の中でFMを聞いていたらスガシカオの「黄金の月」が流れてきた。
無茶苦茶大好きな曲なのだが、実は久し振りに聴いた。
そして、なんだかとても胸に染みた。

グルーヴ、メロディ、歌詞、ヴォーカルどれもが絶妙な混ざり具合でうねるように心に体に響いてくる。
歌詞がまた特にたまらんのです。

僕はスガシカオと同じ年なので共感しやすい部分もあると思うが、この曲以外にも彼の歌詞は琴線に触れるものがいくつもある。



「黄金の月」はもう20年以上前の曲だが、今聴くと少しだけ響き方が違うことに気づく。

この歌はペシミズム(悲観主義)とオプティミズム(楽観主義)が共存していると思うのだが、20年前に感じた時は今より悲観的な部分の方を強く感じた。
絶望を抱えながら、でも踊り続けていこう(生きていこう)という、ある種諦めのような歌にも思えた。

しかし今聴くと、もう少し楽観的というか、希望のある明日をより感じれる歌に思える。

何故だろう?

多分これは、歳を重ね色々と経験し感じてきた中で、”人生なんてこんなもんさ”、というとこにスタートラインを置くようになったからじゃないだろうか。

そうなると先述の、
”絶望を抱えながら、でも踊り続けていこう(生きていこう)という、ある種諦めのような歌にも思えた"
というのと変わらないようだが、そこはちょっと違う。

どういうことかというと、
諦めという感じを今はあまり抱かないのだ。

”生きてるだけで丸儲け”
明石家さんまがよく言うこのフレーズをベースに、生きていけるようになってきてるんだと思う。
諦めや絶望を内包しているんだとは思うが、もうそれをあまり意識しなくなってきているということ。
そのことで、同じ曲でも受け取り方が変わってきたのだと思う。

THE BEST-1997~2011-
THE BEST-1997~2011-
posted with amazlet at 19.08.21
スガシカオ
ユニバーサル ミュージック (2018-01-03)
売り上げランキング: 3,166


スガシカオの音楽を形容する時に”ファンキー”という言葉が用いられるが、それだけだと実に不十分だとずっと思っている。
彼の音楽は腰にクルだけじゃなく、心にもクルからだ。
なんか気づけば、涙こぼしながら踊っていた、なんて感じ。
その極めつけが「黄金の月」だと思っている。

名曲中の名曲だと思います!!

大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


この記事へのコメント