日本映画ベスト10

僕は基本的には洋画を観る機会の方が多いのですが、邦画が嫌いかというとそういうわけではありません。
日本人として日本の社会の中で日本語で思考し日々暮らしているので、洋画では描き切れないものを邦画から感じることはよくあります。

というわけで、あまり数は観てないですが、あえて僕個人の大好きな邦画ベスト10を紹介させてもらいます。
僕個人の全くの独断と偏見でのランキングですのであしからず。
なおアニメは除外しました。
実写映画のみのセレクションです。


【1位】
『あの夏、いちばん静かな海。』

1991年の北野武監督作品。
監督第三作目となる今作は、バイオレンス色が強く、またたけしも出演していたそれまでの2作とは大きく違った作品となっている。
主演は、真木蔵人・大島弘子。
真木蔵人の演技がとても良い。



優しい映画だと思います。
登場人物がいい人だらけ。
他のたけし映画とはその点でも一線を画す作品になっている。
たけしのフィルモグラフィで考えてみると、激しいロックアルバムの中に一曲だけ収められた美しいバラードのような作品といえるのではないだろうか。

あの夏、いちばん静かな海。 [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2017-09-27)
売り上げランキング: 4,795



【2位】
『ソナチネ』

1993年の北野武監督作品(主演も北野武)。
監督4作目となる今作は、前作『あの夏、いちばん静かな海。』とは打って変って、1・2作目のようなバイオレンス色の強い内容。



バイオレンス色の強い、ヤクザを描いた作品だが、相変わらずたけしの映画のヤクザはカッコよくない。
そこが好き。

たけし演じる村川が
「あんまり死ぬの怖がるとな、死にたくなっちゃうんだよ」
というシーンがある。
この言葉、なんとなく分かる。

たけしの死生観を強く感じさせる、完成度の高い映画。
『ソナチネ』と『あの夏、いちばん静かな海。』はどちらも同じくらい好き。

ソナチネ [Blu-ray]
ソナチネ [Blu-ray]
posted with amazlet at 19.09.02
バンダイビジュアル (2017-09-27)
売り上げランキング: 4,561



【3位】
『フラガール』

李相日監督による2006年の作品。
出演は、松雪泰子・豊川悦司・蒼井優・徳永えり・山崎静代・岸部一徳・冨司純子など。
これは泣いた!



炭鉱の町だった福島県いわき市が、探鉱事業の規模縮小に伴い、町おこしとして立ち上げた常磐ハワイアンセンター。
その誕生から成功までを描く、実話を基にした物語。

フラガール [Blu-ray]
フラガール [Blu-ray]
posted with amazlet at 19.09.02
Happinet(SB)(D) (2009-12-18)
売り上げランキング: 31,779



【4位】
『万引き家族』

2018年作。
監督:是枝裕和、出演:リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林など。
第71回カンヌ国際映画祭パルム・ドール(最高賞)受賞作。



万引きなどで生活を支えている家族。
しかしその家族は、実際には血縁関係のない疑似家族であった。
社会の闇の部分を採りあげた作品。
観た後の爽快感のようなものは一切ない。
でも素晴らしい映画。
万引き家族 通常版Blu-ray(特典なし) [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2019-04-03)
売り上げランキング: 11,990



【5位】
『シン・ゴジラ』

2016年作。
総監督・脚本:エヴァンゲリオンの庵野秀明、主演:長谷川博己。

僕には、ゴジラをモチーフにしたエヴァンゲリオンに思えた。



ゴジラは東日本大震災のメタファーか?
這いつくばるゴジラが気持ち悪かった。
しかし津波を感じさせるために、あのゴジラは必要不可欠だったのだろう。
ゴジラが火を噴くシーンは、まったくもって巨神兵。

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組
東宝 (2017-03-22)
売り上げランキング: 2,318



【6位】
『CURE』

1997年作。
監督:黒沢清、主演:役所広司・萩原聖人。



ジャンル的には、サイコ・ホラーやサイコ・サスペンス。
CURE(キュアー)とは治療や癒しなどの意味。
みんな間宮(萩原聖人)によって治療(癒し)されたということか。
怖かった。


【7位】
『台風クラブ』

相米慎二監督による1985年の作品。
台風襲来とともに、浮かび上がってくる思春期の少年少女が持つ危うく不安定な心を描いた傑作。
それまで2枚目の正統派俳優だった三浦友和が、だらしなくカッコ悪い大人を演じていたことが当時衝撃的だった。
がしかし、後で知ったのだが前年の吉永小百合主演の『天国の駅 HEAVEN STATION』で既に、どうしようもない男の役を演じてたらしい。
それがあっての、これだったのかな。
工藤夕貴はもちろん素晴らしいのだが、僕個人的には当時、脇役なのだが三浦友和の方が印象的だった。



完成度が高いとは思えないが、長すぎる行間(スピード感がないとか、セリフが少ないとかという意味でなく、説明的でないということ)がまた魅力でもある一本。


【8位】
『クライマーズ・ハイ』

2008年作品。
監督:原田眞人。
1985年に起こった日航機墜落事故を報道する地方新聞社の記者たちを描いた物語。
主人公の記者悠木を演じるのは堤真一。



悠木と折り合いの悪い販売局長が彼に向って、「白紙の新聞作ってみろ、それでもちゃんと売ってやるから」というようなことを言うシーンが実は好き。
また悠木に広告を勝手に外されて怒る広告部長の気持ちが、元営業マンの僕にはよく分かる。


【9位】
『十三人の刺客』

2010年作品。
オリジナルは1963年作で今作はリメイク。
監督:三池崇史、出演:役所広司・松方弘樹・山田孝之・市村正親・稲垣吾郎など。



暴君松平斉韶を演じる稲垣吾郎が凄い。
スーパーアイドルSMAPの稲垣吾郎がよくこの役やったなと思う。
彼の演技、見応えたっぷりである。

 
【10位】
『私をスキーに連れてって』

1987年作。
原作:ホイチョイ・プロダクション、監督:馬場康夫(ホイチョイ・プロダクション)、主演原田知世・三上博史。
バブル期ノリの楽しさを描いた、素敵なラブコメ風エンターテイメント作。
それまでの邦画にあまり感じられなかった、ポップな時代感覚は当時とてもエポック・メイキングな作品に感じた。



主題歌・挿入歌はユーミン。
ユーミンの音楽が、この映画の魅力を倍増させていると思う。


次点
『金融腐蝕列島〔呪縛〕』

1999年作。
監督:原田眞人、主演:役所広司。

総会屋への不正融資疑惑が発覚した都市銀行。
この状況に上層部は危機感を持って銀行の改善に向かうどころか逆の行動をとろうとする。
そこで主人公らが銀行改革へと立ち上がるシリアスな社会派ドラマ。
闇社会とのつながりを断ち切ろうと戦う姿はスリリングだ。



その他特に好きな作品は、

『39 刑法第三十九条』
『転校生』
『リンダ リンダ リンダ』
『散歩する侵略者』
『桐島、部活やめるってよ』
『モテキ』
『告白』
『沈まぬ太陽』
『アフタースクール』
『笑いの大学』
『カメラを止めるな!』
『七人の侍』
『隠し砦の三悪人』

等です(順不同)。

また、これらのランキングはこのブログを書いてる時点でのもので、すでに明日になれば微妙に変わってる可能性ありです。
どの作品も同じくらい大好きなので、ランキング付けはその時の自分の気持ちに左右された結果だということです。

基本的には洋画を観る機会の方が多いので、まだ観たことのない名作の数々があることと思います。
なのでオススメの邦画ありましたら是非ご教示ください。


大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント