『最後の追跡』

NETFLIXで『最後の追跡』を観た。
ネットフリックス・オリジナルとなっているが、アメリカでは普通に劇場で公開されていたもの。
ただ日本では劇場公開もなく、ソフトでの発売もされず、現状Netflixでしか観れないという作品。
第89回アカデミー賞作品賞ノミネート作。

テキサスの田舎町で銀行強盗を続ける兄弟。
そして、その事件を追う引退間近のテキサス・レンジャー。
流れるカントリー・ミュージック。
広大な土の大地。



この映画観てまず思ったのは、やっぱりアメリカって銃社会なんだなということ。
そして、僕個人の体験と相まって、銀行なんて最低だなということ。

数年前母親が亡くなった際、その後処理で分かったのだが、母はNISAをしていた。
NISAとは個人投資家のための税制優遇制度(年間120万円まで)なのだが、別に母は投資家なんかではないし資産家でもない。
そんなことには、全く興味も知識もない田舎の老人である。
そんな母がNISA。
しかも、どちらかといえばハイリスクなタイプのUSファンド。
母は性格的にそんなリスクのあるものは一切やらないタイプの人間である。
そういうのを嫌う方だ、それなのに。
銀行にうまく言いくるめられたとしか思えない。
老人相手に...
胸が痛んだりしないんだろうか。
毎月のように1万5千円ぐらいマイナスになっていた、半年ほど。
相続後もちろん解約。
何なんだ、銀行って!?
最近はかんぽ生命の不適切な販売が大きなニュースになっていたりもした。
金融って。。

映画の中で、ネイティヴ・アメリカンの血をひくテキサス・レンジャーが、
かって白人の軍隊から奪われた土地を、今は銀行が奪おうとしている、
というようなセリフを言うシーンがある。
アメリカのみならず、現代の世界の現状を憎むかのように。

IMG_8567.jpg

現代のアメリカを描いた映画。
『ノーカントリー』的でもある。
よりシンプルで分かりやすい作りになっているが。

とてもいい映画だと思います!


色々批判も多いが、こういう映画が作品賞にノミネートされるアカデミー賞。
当然ながら日本アカデミー賞とは、まるで別物である。


NETFLIX良いわ。

まだの方には是非NETFLIXを始められることをオススメ致します。
大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント