音楽映画ベスト10

映画も音楽も大好きなので、当然ながら音楽映画に魅かれる。
なので今回は、またいつものように勝手ながら音楽映画の、僕の独断と偏見によるベスト・テンを紹介したいと思います。
よろしければお付き合いください。

ところで音楽映画の定義ですが、今回のランキングに際しては、音楽を題材にしたもの、もしくは音楽がないと作品として成り立たないもの、という縛りでセレクトしてみました。


それでは早速、

堂々の



『あの頃ペニーレインと』

2000年アメリカ映画。
監督:キャメロン・クロウ。
出演:パトリック・フュジット、ケイト・ハドソン、フランシス・マクドーマンド、フィリップ・シーモア・ホフマン、ズーイ・デシャネル等。

主人公ウィリアムは10代ながら音楽ライターとしてブラックサバスの取材にライヴ会場を訪れる。
そこでグルーピーのペニーレインと出逢う。
その後ウィリアムは当日知り合った人気上昇中のバンド、スティル・ウォーターのツアーに取材のため同行することに。
ロックが持つスウィートな香りを存分にちりばめた、青春映画であり、各登場人物の成長の物語でもある。
音楽ファン感涙の一作だと思います。



自分の店の名前にするくらいなので、1位は予想通りかもしれませんが、これほんと名作!!

この映画については、以前店の名前にしたことと絡めて書きました。
よければこちらも読んでみて下さい。

あの頃ペニー・レインと [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (2010-04-16)
売り上げランキング: 51,013


第73回アカデミー賞、脚本賞受賞。
第58回ゴールデングローブ賞、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)。


2

『アマデウス』

1984年アメリカ映画。
監督:ミロス・フォアマン。
出演:F・マーリー・エイブラハム、トム・ハルス。

皇帝に仕える音楽家サリエリの前に現れた天才音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。
誰よりもモーツァルトの才能の大きさを理解するサリエリは、嫉妬を含む大きな苦悩を抱く。



病床で作曲するシーンが、音楽好きな僕としてとても感動的だった。
また若かりし頃バンドマンだった僕は、サリエリの気持ちもよく分かる(天才じゃないので、モーツァルトの気持ちはあまり分からない)。

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 837


第57回アカデミー賞、作品賞・監督賞・主演男優賞など計8部門受賞。
第42回ゴールデン・グローブ賞、作品賞(ドラマ部門)など4部門受賞。


3

『ラ・ラ・ランド』

2016年アメリカ映画。
監督:デミアン・チャゼル。
出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン。

デミアン・チャゼル監督の『セッション』に続く作品。
同じく音楽が重要な作品だが、前作とは違う趣となっている。

LAで暮らすジャズ・ピアニストと女優の卵のロマンティックなミュージカル映画。
朝の渋滞で物語は始まる。
そして終盤、夜の渋滞から物語はラストへと向かう。



夢と恋と現実。
ミュージカルはあまり得意ではないですが、
グッときました!

この映画については以前もコチラに単独で書いているのでよければ読んでみて下さい。

ラ・ラ・ランド コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2017-08-02)
売り上げランキング: 3,826


第89回アカデミー賞、監督賞・主演女優賞など6部門受賞。
第74回ゴールデン・グローブ賞、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)など7部門受賞。


第4位

『ベイビー・ドライバー』

2017年アメリカ映画。
監督:エドガーライト。
出演:アンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、ジェイミー・フォックス。

天才的なドライビング・テクニックを持つ青年ベイビー。
イヤホンで音楽を聴き神経を研ぎ澄ませ、人が変わったように激しい運転を繰り広げる、犯罪チームの凄腕ドライバー。
ある日ウエイトレスのデボラと出会い恋に落ちる。
ベイビーは犯罪チームから足を洗おうとするが、ボスはそれを認めない。

ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン聴きながらスバル・インプレッサをかっ飛ばす冒頭シーンから、とてもいい感じです!



これを音楽映画にカテゴライズするのは意見が分かれるところだと思いますが、そういうことにさせてもらいました。


第5位

『オーケストラ』

2009年フランス映画。
監督:ラデュ・ミヘイレアニュ。
出演:アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン。

かつてはボリショイ交響楽団の天才指揮者と言われいたアンドレイだが、今やボリショイ劇場の清掃員。
しかしそんなある日、彼は楽団に届いたオーケストラ公演を求めるFAXを見つけ、昔の仲間を集め、自分たちをボリショイ楽団と偽りパリで公演を行おうとする。



最後の演奏が見事!
取り巻く政治情勢に翻弄されてきた状況も垣間見せながら進む、笑いと涙のおすすめ作です!!


第6位

『ブルース・ブラザーズ』

1980年アメリカ映画。
監督:ジョン・ランディス。
出演:ジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド。

ジョン・ベルーシとダン・エイクロイドが演じる兄弟が、自分たちを育ててくれた孤児院立ち退きの危機を救うためバンドを結成して金を稼ごうとする。



ジェイムス・ブラウンやアレサ・フランクリン、レイ・チャールズなども出演。
コメディ・タッチの憎めない兄弟の物語。
ブラック・ミュージック好きには特にオススメ!


第7位

『セッション』

20014年アメリカ映画。
出演:マイルズ・テラー、JKシモンズ。

ドラマーを目指し音楽学校に通う主人公アンドリュー。
ある日学内の著名な指導者フレッチャーは、アンドリューを見て、自分が指導するクラスのバンドに彼を誘う。
フレッチャーの指導スタイルは超スパルタ。
罵詈雑言、人格否定など当たり前という態度。
アンドリューもコテンパンにやられる。



師弟の話ではあるが、師弟愛の話ではない。
最後の演奏シーンが物語る通り、音楽が全てという話。
つまり音楽愛の話であると僕は思う。
それも偏狭的な。
なので僕はこの映画を観て、宮崎駿作品の『風立ちぬ』をイメージした。

第87回アカデミー賞、助演男優賞など3部門受賞。


第8位

『ストレイト・アウタ・コンプトン』

2015年アメリカ映画。
監督:F・ゲイリー・グレイ。
出演:ジェイソン・ミッチェル、オーシェア・ジャクソン・Jr、コーリー・ホーキンス、ポール・ジャマッティ。

ギャングスタ・ラップの草分け的存在である、伝説的ヒップ・ホップ・グループのNWAの伝記映画。
彼らがグループを結成し成功に至る過程、そして仲間割れによる脱退、解散。
西海岸と東海岸の抗争。
ヒップ・ホップ好きなら迷わず観るべしな作品。
とはいえ、特にヒップ・ホップが好きというわけでなくても楽しめる映画だと思います。



ドクター・ドレーやアイス・キューブは全くギャングなどではなく、特にアイス・キューブは優等生の部類に入るタイプだったのには驚いた。


第9位

『ONCEダブリンの街角で』

2007年アイルランド映画。
監督:ジョン・カーニー。
出演:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ。

ダブリンの街角で歌うストリート・シンガーの男が、チェコ出身の女と出会う。
男にはロンドンに行ってしまった元彼女、女には別居中の夫がいた。
すぐに2人は一緒に音楽を紡ぐようになり、やがて恋愛的感情も芽生え始める。



切なさを感じさせながらも、暖かい気持ちになれる作品。
音楽がとても素敵で、観終わった後思わずサントラCD買ってしまった。

MUSIC FROM THE MOTION PIC
MUSIC FROM THE MOTION PIC
posted with amazlet at 19.10.22
ONCE
COLUM (2008-01-18)
売り上げランキング: 50,269


監督のジョン・カーニーは後に『はじまりのうた』や『シングストリート』を手掛ける。


第10位

『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』

2009年アメリカ映画。
監督:サーシャ・ガヴァシ
出演:アンヴィル

カナダのヘヴィメタルバンドであるアンヴィルを追いかけたドキュメンタリー。
かつては人気バンドだった彼らも、すっかりその人気を失い、アルバイトをしながらバンド活動を続けている。
そこに舞い込んだ、ヨーロッパ・ツアーのオファー。



このドキュメンタリー、ロックファンなら泣けると思います。
監督のサーシャ・ガヴァシは80年代にアンヴィルのスタッフだった。
この作品を撮る前には、トム・ハンクス主演の『ターミナル』(この映画好きです!)の脚本を書いている。


次点

『ドリーム・ガールズ』

2006年アメリカ映画。
監督:ビル・コンドン。
出演:ビヨンセ、ジェイミー・フォックス、エディ・マーフィー、ジェニファー・ハドソン。

シュープリームスをモデルに描かれたミュージカル映画。
この映画がきっかけでそれまで敬遠していたミュージカル映画も観るようになりました。



以上いかがでしたか。
個人的な好みによるランキングですが、どれも自信をもってオススメしたい音楽映画です。
参考にしてもらえればうれしいです。

皆さんは、音楽映画どんな作品が好きですか?


大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント