『ソウル・キッチン』

料理を題材とした映画はよくありますが、僕が観たことのある作品に関してはどれも元気を与えてくれるものでした。
そんな中から今日は、2009年のドイツ映画である『ソウル・キッチン』をご紹介。

主人公ジノスは、レストラン“ソウル・キッチン”のオーナー・シェフ。
レストランは儲からず、税金も払えない状況だ。
さらに、愛する恋人が仕事で上海へと引っ越していくことに。
そのうえ、突然のヘルニアで歩くのも辛い状態となってしまう。
そんな踏んだりけったりの日々。

しかし、天才シェフを雇いいれたところから、店の状況は好転していく

のだが・・・・




基本コメディであるが、素敵な音楽と料理、そして恋、
というエッセンスが物語を包み、観ていてとても気分が良くなってくる。
そんな、ハートウォーミングかつ笑える作品。
休日の午後に観たくなるような映画であります。

が、

泣きそうなくらい辛い独りの夜に観ると、元気が出てくるという効能のある映画だったりもします。

ソウル・キッチン [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2011-08-26)
売り上げランキング: 52,971


こんな映画が、好きだ。

思い通りにいかないことの多い日々、明日への活力を与えてくれる映画の助けを借りながら、なんとか人生を前に進めていきたいものであります。


大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント