『天使のくれた時間』

季節がら店内でクリスマス関連の映画を流すことがよくある。
そんな映画の中から、今日は『天使のくれた時間』(2004年)という、ニコラス・ケイジ主演の作品をご紹介。



ニコラス・ケイジ演じる主人公ジャックは、ビジネスで大成功を収め優雅な独身生活を営んでいる。
そんな彼がクリスマスの夜に、ドン・チードル演じる青年に出会ったことで次の日から世界が変わる。
朝目覚めたら、いつもと違う狭いベッド。
隣には13年前に別れたはずの元恋人ケイト。
そして二人の我が子まで。

13年前、ジャックは自らの意思でケイトと別れた。
しかし、もしあの時違う選択をしていれば。

素敵な大人のファンタジー。

今ならNETFLIXやamazonプライムで観ることが出来ます。
大人のあなたにぜひオススメ。

天使のくれた時間 [Blu-ray]
ギャガ (2016-04-02)
売り上げランキング: 1,535


ただこの映画観て、ひねくれた僕が単純に思うこと、それは、
”エネルギッシュで刺激的な暮らしの大金持ち”か、””愛に満ちた家族と共に生きる庶民的な暮らし”かという選択肢が主人公にはあるのだが、そんなん普通どっちもないよね
ということ。
少なくとも僕にはどちらもない。
かすりもしない。
なんて贅沢な二者択一なんだ。
そんなんどっちでもいいよ。
だから、どっちかくれっ!!
と思ってしまいます。
今年のクリスマス・プレゼントにどちらか下さい。
クリスマスイブの夜に、天使と出会えるよう、今夜寝る前に祈ろうと思います。

もちろん、この映画そんな単純なだけではなく、もっと色んなことも含まれている作品です。

それにしても、ジャックの元恋人(妻)ケイト役のティア・レオーニが素敵すぎる。
やっぱり僕なら、彼女との人生を選ぶな。
選べるならですが。

大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント