『七つの会議』

一昨日WOWOWで映画『七つの会議』を観た。
主演は野村萬斎。
狂言師でもある彼ならではの、舞台っぽいセリフ回しがこの役によくマッチしていたように思えた(わざとしてるんだろうけど)。
原作は半沢直樹シリーズや下町ロケットシリーズ等の池井戸潤による小説『七つの会議』。
その他の俳優陣も、香川照之を筆頭に、及川光博・片岡愛之助・朝倉あき・世良公則・世良公則・鹿賀丈史・橋爪功・北大路欣也などが重要な役を見事に演じきっている。

野村萬斎演じる主人公八角は、東京建電のうだつの上がらないぐうたら社員。
適当な仕事をこなしながら日々を過ごしている。
だが香川照之演じる営業部長北川の鬼のようなノルマへの厳しい要求に成果を出すべく、他の社員は疲弊しながら業務に向かっている。
そんなある日、年下ながらも上司である坂戸の逆鱗に触れ、八角はこれまでと違う厳しい対応をされる。
そこで八角は坂戸をパワハラで会社に訴えを起こす。
訴えられた坂戸は成績優秀で、北川のお気に入りでもあったため、八角の訴えは適当なところでシャンシャンと処理されることになるだろうと思われていた。
しかし結果、坂戸は左遷。
坂戸の代わりには、及川光博演じる原島が二課の課長から、花の一課の課長へと就任する。
だが原島は坂戸のような成果をあげられず、北川から激しい叱咤を受ける。
八角は坂戸がいなくなった後、不穏な動きを始める ……。



僕も以前営業マンだったことがある。
この映画に出てくるような(規模は違うけど)、吐き気を催すような会議を経験していた。
容赦なかったな~、あれは。
僕はまだ成績が良かった方なので、それほどではなかったが、結果が悪い月の終わりの会議などは、会議室に向かう道のりマジで吐きそうだった。
その時僕がいた会社にも、北川のような鬼部長がいたのだ。
ただ彼はいつも飲みに行ったら奢ってくれたし、飲んでるときはほとんど仕事の話はしないので、そこはまだマシだったかなと思っている。
10年以上前の話なので、いまなら完全パワハラでOUTな人だったけど。
じゃいわゆるブラックな会社か、と聞かれたら今の基準では、
う~んどうだろう、
世間一般の感覚ではブラックになるかな。
僕的にはグレーかな、という感じもあるけど。
結果に対する報酬はそこそこ貰えたし、言いたいことは、勇気を出せば言えるくらいの環境ではあった。
ほぼ却下されるが。
営利企業が結果至上主義なのは、理解できる。
だがパワハラなど、直接的な分かりやすすぎる結果至上主義が、最終的には結果に悪い影響を及ぼすことになると思っている。

七つの会議 通常版 [Blu-ray]
TCエンタテインメント (2019-09-11)
売り上げランキング: 12,374


この映画で描かれるのは、分かりやすいパワハラだけではない。
日本社会が長年養ってきた結果、強固に構築されたシステムによる人々の習性についての問題提起である。

多くの人が経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤。
映画を観ている間は、ダイナミックな展開に夢中になるが、観終わった後に色んな感情を思い起こさせるのではないだろうか。
そんな作品である。

このような問題を、エンターテイメント性を持たせて上手く描いたこの映画、福澤克雄監督(他の監督作:『私は貝になりたい』
『祈りの幕が下りる時』)の手腕は高く評価されるべきだ。

原作小説 

七つの会議 (集英社文庫)
池井戸 潤
集英社 (2016-02-19)
売り上げランキング: 5,380


映画に出てくるような会議や社内の空気をリアルに感じることが出来ない幸福な人もいると思う。
しかし、実際にあれに似たような状況は、今でもわりとあるんじゃないかな。

ただ僕は働き方改革という名のもと、とりあえず早く帰れみたいな状況があるなら、それは違うと思う。
僕が働いていた会社には当時NO残業デーというのがあって、その日はみんな夜の6時には退社しなけらばならなかった。
そんなあるNO残業デーの日、僕にはその日中にやりたい仕事があった。
なのでこっそりPCをカバンに忍ばせて、退社した後近くのカフェで仕事した覚えがある。
要は、自分のペースで仕事がしたいのだ。
そして、早く帰りたい日は自分で判断して帰りたいのだ。
仕事のスケジュール管理ぐらい自分で出来る。
また、有給休暇は自由に所定の日数を気兼ねなく取りたいのだ。
今の働き方改革なるものは、本質から逸れている。
思いませんか?

サラリーマン時代のことを思い出して熱くなってしまいました。
失礼いたしました。

とにかく面白い良い映画だと思います。
皆さま是非お試しあれ!!




ところでWOWOWは映画専門チャンネルWOWOWシネマを含む計3チャンネルで、視聴料1か月税込み¥2530です(2020年1月3日現在)。
コスパ良いと思います。
もちろんアカデミー賞も例年WOWOWで生中継されます。
日本のオリジナルドラマもあるので、映画・ドラマ好きにはオススメです。
僕は映画以外は、サッカーのスペインリーグとライヴなどの音楽番組をよく観ています。





それでは今年2020年も何卒よろしくお願い致します。

大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント