『死ぬまで観たい映画1001本』

先日アマゾンで『死ぬまで観たい映画1001本』の最新版を購入した。
1902年から2018年の世界の映画から厳選されたオススメ映画1001作が紹介されている。
日本映画も、黒澤作品やジブリ作品ほか幾つかの作品がセレクトされている。

IMG_0553.jpg

IMG_0572.jpg

オールタイムの1001本ということで、中には名前も知らなかった作品もある。
とはいえ、大の映画ファンではあるけれど、マニアな人と比べると知識も観た本数も遠く及ばない僕なので、全作知ってるという人、さらには全部観たことがあるという人も当然おられるでしょう。
もちろん誰もが知るような名作中の名作や、大ヒット作も紹介されている。
逆に、僕個人としては、なんであれが入ってないんだ?
というのもあったりするが。
それでも、オールタイムのオススメ映画1001本の紹介はガイドブック的にもとても重宝する。
これはちょっと店に置いておこうかな。
厚みもあり、なかなか重厚感もあっていいかなと思っています。

IMG_0557.jpg
 
今回紹介したこの本は、2018年作品までの中からセレクトした最新版で日本語版は今年発売されたばかり。
今作で第4版となり、以前までのものとは同じ1001本なれど、それまでと違う新しい作品が追加されている。
つまりその分の数の作品が姿を消しているということでもある。
このあたりも比較すれば興味深いと思うが、なかなか以前のものを買うのは経済的に辛い。
特に臨時休業中で収入ゼロの今は。
憎っくき新型コロナウイルス、である。
それゆえ、こういう分厚い本に目を通す時間があるのだけど。
仕方ないと諦めて、時間は有効に使おう!
この出来た時間をどう使うかで、コロナ終息後がまた変わってくるから。

IMG_0571.jpg

映画もここぞとばかりに、AmazonプライムやNETFLIXで色々観ている。
『ゲーム・オブ・スローンズ』(海外ドラマ)もついに観始めた。
評判が良いのは知っていたけど、これまで何故かためらっていたのだ。
繰り返しになるけど、時間は有効に使わないとね。
ただ実際は、酒量が増えてよくないというのも悲しい事実。。

 
なんにせよ、この本なかなかのオススメです。
安い値段ではないかもしれないけど、一家に一冊あってもいいのではないかと思います。


死ぬまでに観たい映画1001本 第四版 (日本語)
詳細 をamazonで見る


ちなみに僕がこよなく愛する『あの頃ペニーレインと』は選ばれていない。
なんでやねん!?

それでもこれは映画ファンにとっては、愛すべき一冊になると思っています!!





大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント