『インサイダー』 アル・パチーノ ラッセル・クロウ

以前アル・パチーノ出演のオススメ映画ベスト5を書きましたが、その中でセレクトした『インサイダー』を今日は採り上げたいと思います。

マイケル・マンが監督を務めた1999年の作品。
主演はアル・パチーノとラッセル・クロウ。

タバコ産業の不正を告発したTVプロデューサーとタバコ産業の元重役を描いた、実話を基にした物語。



CBSテレビの人気報道番組『60ミニッツ』のプロデューサーであるローウェル・バーグマン(アル・パチーノ)は、タバコの害について以前巨大タバコ会社の重役だったジェフリー・ワイガンド(ラッセル・クロウ)にインタビューを申し込む。
ワイガンドは退社時に守秘義務についてサインしているが、インタビューでタバコの害とタバコ会社の責任について発言する。
しかし、守秘義務を守らず発言したことについて、タバコ会社からの訴訟を恐れた親会社のCBS本体は、インタビューの放送を許可しない。

アル・パチーノが
「あなたはビジネスマンなのか、それとも報道の人間なのか!?」
と怒鳴るところがカッコイイ。

IMG_2004.jpg

また、親会社に反旗を翻し逆襲するやり方がリアルな手法のため(実話だからね)派手さはないが、それゆえスリリングな緊迫感を感じさせる。


『インサイダー』についてamazonで見る

アメリカには、このように権力に立ち向かい真実を追求しようというマスコミの姿を描いた、実話ベースの映画がいくつもある。
でも日本にはなかなかない。
何故だろう?

いや当たり前だ、
そのような事実がないのだから映画にしたくても題材がない。
日本のマスコミ人と、アメリカのマスコミ人は何が違うんだろうか??

大好きな映画。
アル・パチーノとラッセル・クロウの演技はもちろん素晴らしいが、『60ミニッツ』の顔であるマイク役のクリスファー・プラマーや、いかつい弁護士役のブルース・マッギル他脇を固める役者もいい味を出している。

IMG_1993.jpg

派手さはないが、じっくりとカタルシスを感じさせてくれる社会派ドラマの傑作!!





大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント