『ロスト・バケーション』 ブレイク・ライヴリー

なんか心身ともに疲れちゃったな、などと思い砂糖入りの抹茶ラテを飲みながら『ロスト・バケーション』を観る。
好きな映画。
主演のブレイク・ライヴリーが素敵なのです。

いわゆるジョーズものとでも言おうか、巨大サメが人を襲うというやつ。
なんとか逃げ延びた岩礁、しかし潮が満ちると海の下にその姿は消えてしまう。
さぁ、どうする!?



主演のブレイク・ライブリーはTVドラマ『ゴシップ・ガール』で人気者になった人。



だが『ゴシップ・ガール』の時とは違い、この映画では海でサーフィンということもあり煌びやかなメイクは施されていない。
また苦境が続きその顔色は次第に色を失い疲労と苦悩を帯びてくる。
しかし、そんな彼女の表情もまた魅力的なのだ。
それは、自分の能力をフルに使って生き延びようとする人間の強い意志を感じさせている。
僕は、この映画を観て以来すっかり彼女のファンになってしまった。


『ロスト・バケーション』 のBlu-rayについてamazonで詳しく見る
『ロスト・バケーション』(字幕版)をAmazonPrimeVideoで観る

人を襲うサメとの戦いがメインの映画だが、上映時間のそのほとんどを独占するブレイク・ライヴリーありきのこの作品。
全編水着&ウェット・スーツという姿がまたイイ!
とはいえこの映画、緊迫感のある作りはなかなかの出来栄えで、最後までハラハラ・ドキドキが続く大変面白い作品となっている。
カメラアングルや編集もいい感じ。
なので、ブレイク・ライブリーの美しい水着&ウェット・スーツ姿なんぞには興味が持てないという人でも充分楽しめる内容。
オススメであります!

にしても彼女の姿、とても魅力的だった。



シンプルだけど、しっかりと作られていて、美しい女性が出演しているエンターテイメント映画、そういうのがなんだかんだと言っても僕は凄く好きみたいだ。
映画を観た後にあまり深く考え込みたくはないから。
でも、そのようにシリアスに考えさせられる映画の中に素晴らしい作品がたくさんあるのも事実。
というわけでこれからも、両タイプの映画を観るのだろうけど、ほんとはできるだけ何も難しいことは考えずに楽しく生きていけたらな~、なんてよく思う。
でもそうはいかないのだよね、人生って。


大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント