『スプラッシュ』 トム・ハンクス

僕が初めて観たトム・ハンクス出演作は、1984年に公開された『スプラッシュ』。
監督はロン・ハワード(『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞監督賞受賞)。
トム・ハンクス作品では後に『アポロ13』も監督している。

これはトム・ハンクスにとって最初のヒット作。
僕はこの映画が今でも大好きだ。



泳げないアランは子どもの頃船から落ち、人魚の少女に助けられる。
その後大人になったアラン(トム・ハンクス)は、ニューヨークで兄と青果会社を経営していた。
そんなアランがまたも海で溺れ、再び人魚に助けられる。
子どもの時に助けてもらった人魚だった。
人魚も成長しており、アランが落とした身分証明証から彼を探しに地上へと現れる。
地上に上がると人魚の尾は足になる。
彼女(ダリル・ハンナ)は全裸のままマンハッタンを目指す。
ダリル・ハンナが美しい。
そして出会った二人はすぐに恋に落ちる。
しかし人魚だということがバレて科学者などから追われるマジソン(人魚)。
大人の恋愛ファンタジーなんだけど、大好きな映画。
アランとまるっきり違う性格の兄フレディ(ジョン・キャンディ)や、科学者コーンブルース(ユージン・レヴィ)もいい味を出している。

IMG_3070.jpg

最近の彼の作品とは違う、コミカルなトム・ハンクス。
とても良い映画だと思うので、若い映画ファンにも是非オススメしたい作品!


『スプラッシュ』のDVDについてAmazonで見る

トム・ハンクスは当初人気テレビ番組『サタデーナイトライヴ』で活躍するコメディアンだった。
なので、今作のような初期の作品ではコミカルな要素が強い。
今ではシリアスなタッチの役柄が多くなっているけど、もっとコミカルな役もいっぱいやって欲しいなと思う。

以前カーリー・レイジェプセンのミュージック・ビデオに出演していたが、あれを観た時やはり彼にはコミカルな要素がとてもあるよなぁ、と再認識した。



大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント