アン・ハサウェイのキャットウーマン ~『ダークナイト・ライジング』

先日WOWOWで『ダークナイト・ライジング』が放送されていた。
これはご存知クリストファー・ノーラン監督による”バットマン”シリーズ(ダークナイト・トリロジー)3部作の最終章。
前作『ダークナイト』は今は亡きヒース・レジャー演じるジョーカーの迫力に引っ張られる作品。
『ダークナイト・ライジング』はヒースのジョーカーのように、映画を力強く引っ張っていくような強力なキャラクターはいない。
だから、そういう観点での期待が大きいと肩透かしを食らうかもしれないが、前2作をしっかり観てきた人なら、とても楽しめる面白い映画になっていると思う。



バットマンとは?
ヒーローとは??


『ダークナイト ライジング』のBlu-rayについてAmazonで詳しく見る

なんてことを書きつつも、今日の本題は映画そのものではなく、映画の中に出てきた、アン・ハサウェイ演じるキャット・ウーマンについて。

最新作『魔女がいっぱい』も話題のアン・ハサウェイはもともと好きな女優ではあるけれど、このキャット・ウーマンにはとてもそそられてしまった。
今までコスプレ的なものに、一度も魅かれたことはなかったのだが、この時ばかりはどうしたことだろうか?
妙に心が躍動してしまった。
バイクに乗ってるシーンとか、もう最高。
お尻が特にいい!

IMG_3910.jpg

というか、お尻が気になる近年である。
歳とともに、女性に対する興味が下方向に移動していくとよく言われる。
若い頃は顔に魅かれるが、そのうち胸にばかり目が行くようになり、その次はお尻というわけだ。
男どもの女性を見る目が変わっていくという話である。
実際に歳を重ねてきて、確かにその通りになってきた。
なんでだろう?
不思議だ。

お尻はさておき、キャット・ウーマンのコスプレに関してはきっと、アン・ハサウェイだから素敵なんだろうなと思う。

アン・ハサウェイが着るキャット・ウーマンのボディ・スーツ姿、本当にたまらなく素敵だ!

IMG_3925.jpg

後に彼女は同じくクリストファー・ノーラン監督の『インターステラー』にも出演しているが、これ超名作。
彼女が息を吸い込むシーン、色んな想いが感じ取れて何とも言えずグッときてしまう。




『インターステラー』のBlu-rayについてAmazonで詳しく見る

キャットウーマンのボディスーツではなく彼女の裸が観たいという、ちょっとエッチな映画ファンには、ジェイク・ギレンホール(ジレンホール?)と共演した『ラブ&ドラッグ』をオススメ(以前このブログでも記事にしました)。
前半はラブコメ風だが、グッとくる素敵なラヴストーリー。
裸の有無とは関係なく、良い作品。
とても好きな映画。




『ラブ&ドラッグ』のBlu‐rayについてAmazonで詳しく見る

でも一般的に有名なのってやっぱり『プラダを着た悪魔』になるのかな。

もちろんこれも面白いですね!




『プラダを着た悪魔』のBlu‐rayについてAmazonで詳しく見る

アン・ハサウェイの大きな瞳に見つめられたいと夢想する。
もしあの瞳に見つめられたらどんな感じがするのだろう。
身も心も懐も寂しい12月、僕にできるのはそんな妄想ぐらいであります。。

大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント