『はちどり』 韓国映画

キネマ旬報の2020年外国映画ベストテンの2位に選ばれるなど、とても評価の高い映画『はちどり』を観た。
そこまでみんなが良いというなら、観とかないとなという感じで。
上述のキネマ旬報のランキングで1位になったのは『パラサイト 半地下の家族』だった。
韓国映画のワンツー・フィニッシュである。
僕はこれまでほとんど韓国映画を観ることがなかった。
しかし昨年『パラサイト 半地下の家族』を観てから、ポン・ジュノやソン・ガンホの作品を中心に韓国映画を観るようになった。
評判の良いのを選んで観てるからかもしれないが、どれもとても面白い。
そして今回観た『はちどり』。
はちどりとは、最も小さい鳥である。
14歳の少女が主人公で、そんな鳥をタイトルに持ってきた。
それだけで、僕には観る前から少し感じるものがあった。

はちどり4.jpg

舞台は1994年の韓国・ソウル。
主人公のウニは14歳の中学生。
成績は良くなく、学校にもあまり馴染めていない。
家庭内でも居場所が見つからない。
そんなある日、ウニが通う漢文塾に女性教師のヨンジがやって来る。
自分の話に向き合ってくれるヨンジに、ウニは心を開いていく。



韓国のこの時代の家族の在り方は実際にはよく分からないけど、思春期あるあるが込められた作品だ。
ただ男子と女子の思春期の感じ方には違いがあると思う。
男だから女だから、という考え方は今の時代危険な気もする。
だが、この違いが明らかな場合は多々あると思う(もちろんどちらにも該当しない場合もある)。
そんな僕の観点から、思春期の女の子のことは男には分からないことが多い。
じゃ大人の女のことは分かるのか?と聞かれたら、一歩下がってオドオドしてしまうけれど。
でも大人の女性のことは、ある程度想像することが出来る。
大人の人間としての共通項がたくさんあるから。
でも思春期の女性のことは、とても分かりづらい。
想像の域を超えた存在だ。
なのでこの映画は、男の人が観るのと女の人が観るのでは受け取り方がきっと違うのだと思う。
もちろんこれは男女の区別とは別に、僕という個体による感性の問題も大きいのかもしれないけど。
ちなみに監督・脚本はキム・ボラという女性。

キム・ボラ監督
はちどり5.jpg

彼女は東国大学映画映像学科を卒業後、アメリカのコロンビア大学院で映画を学び、2011年に監督した短編『リコーダーのテスト』を制作。
アメリカ監督協会による最優秀学生作品賞をはじめ、各国の映画祭で映画賞を受賞する。
『はちどり』は、その『リコーダーのテスト』で9歳だった主人公ウニの、その後の物語である。

はちどり2.jpg

思春期ならではの揺れ動く心情。
小さな表情の変化で、その模様をうまく表現している。
ウニを演じるパク・ジフの演技が素晴らしい!


『はちどり』のBlu-rayについてAmazonで見る

劇中のいろんな出来事。
そこからウニはどんなことを感じたのか。
思春期に起こった出来事でも、その時には起こったことの意味が理解できず、大人になって初めてその意味が分かる時もある。
そういうことも含め、またその後のウニの物語が作られたらなと思う。
観たいな、その作品。
キム・ボラさん、期待しております!!


ウィキペディアによると、ハチドリは鳥類最小の身体で毎秒約55回、最高で約80回の高速ではばたき、空中で静止するホバリング飛翔を行うという。
『はちどり』というタイトル、とても良いと思う。

オススメ作品です。
特に女性の方は是非とも。

大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント