『スパイ・ゲーム』 ロバート・レッドフォード × ブラッド・ピット

ロバート・レッドフォードとブラッド・ピットは、同じ金髪の2枚目ということで比較されることが多かった。
だがその比較って、あんまり的を得てないように思っている。
ロバート・レッドフォードはスクリーン上でずっと2枚目を通してきたが、それに比べブラッド・ピットはもっと多彩な役を演じていると思うからだ。
ずっと2枚目を演じてきたという意味から、僕はロバート・レッドフォードに田村正和との類似性を感じる。
2枚目をずっと演じるって凄いなと思う。
潔いというか、何というか。

IMG_7081.jpg

さて今日はそんなロバート・レッドフォードとブラッド・ピットが共演した映画『スパイ・ゲーム』について。
この映画とても好きです。
CIAものが好きな僕には、大好物なタイプの作品。
2001年のアメリカ映画。
監督は、『トップガン』『ビバリーヒルズ・コップ2』『トゥルー・ロマンス』などのトニー・スコット。

CIAのネイサン・ミュアー(ロバート・レッドフォード)は引退前の最後の1日を迎えていた。
目覚めは香港からの1本の電話。
その電話は、ミュアーが自らスカウトし教育して一流のスパイに育て上げたトム・ビショップ(ブラッド・ピット)が中国で捕らえられたことを伝えるものだった。



CIAの非情さを実践してきたミュアー。
しかし今度は彼が、その非情さと対峙することになる。

IMG_7091.jpg

ベイルートでの作戦のシーンがとてもスリリングだった。
同じスパイ映画でも、『ミッション・インポッシブル』シリーズや『007』シリーズのような激しいアクションシーンはあまりない。
だがそれに負けない、スリルを味わわせてくれる。

IMG_7051.jpg

屋上でのシーン。
CIAのやり方に納得のできないビショップがミュアーに迫る。
だが、ミュアーはそんなビショップを退ける。
この場面も見応えがある。

IMG_7045.jpg
IMG_7048.jpg

ロバート・レッドフォードの抑えた中にある表現の逞しさは流石だ。
終盤(嘘の)困った表情をするとこなど見事なもの。
あの表情好きだ。
特に、CIA本部内でのけしてスピード感があるわけではない、ミュアーのやり取りの描写は絶妙。

IMG_7066.jpg

個人的には突っ込みたいところがないわけではないが、とても好きなCIAもの作品。
これまで長い間ソフト販売のない状態が続いていたが、今年の9月には初のブルーレイもリリースされる。
これは買いたいな!


『スパイ・ゲーム』のBlu-rayについてAmazonで見る

ロバート・レッドフォードとブラッド・ピットの豪華共演が見事に成功した一作。
ロバート・レッドフォードが古いポルシェに乗る感じもとても良い。
オススメです!!

IMG_7040.jpg

大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント