『ミュンヘン』 スティーヴン・スピルバーグ

東京オリンピック開会式での森山未來のダンスが話題となった。
このダンスは、1972年のミュンヘン・オリンピックでテロの被害に遭い命を失なった11人のイスラエル選手団など、オリンピック中に亡くなった人を追悼する意味のパフォーマンスであった。

森山未來.jpg

パレスチナ武装組織「黒い九月」により行われたこのテロ事件を映画化したのが、2005年のアメリカ作品『ミュンヘン』。
簡単に言えばスパイもの。
しかし、『ミッション・インポッシブル』や『007』シリーズのような高いエンターテイメント性はない。
監督はスティーヴン・スピルバーグ。


11人のオリンピック選手団の命を奪われたイスラエルは、諜報特務庁(モサッド)を使い、テロを行った「黒い九月」に対する報復作戦を遂行する。
実行チームのリーダーとなったのはアヴナー(エリック・バナ)。
任務に就くにあたり、表向きはイスラエル政府からの関係を断ち切られる。
失敗しても当局は関係ないという、よくあるスパイの辛い境遇に置かれることになる。
彼には出産を目前に控えた妻がいた。



情報源となるフランスのルイ(マチュー・アマルリック)は、高い情報料と引き換えにいくつもの優良な情報を持ってくるが、どこまで信用していいか分からない。
状況が進むにつれ、アヴナー達は、任務についてに迷いが生じだす。

ミュンヘン.jpg

暗い画面で淡々と物語は進むが、そこはスピルバーグ、退屈な作品にはけしてならない。


『ミュンヘン』のBlu‐rayについてAmazonで見る

スピルバーグはユダヤ系アメリカ人であり、映画はテロにより自国民の命を奪われたイスラエルの側から描いてはいるが、パレスチナ側の視点による表現も交え、どちらかが正しいという見立てをした作品にはなっていない。
中東の問題は長い歴史のある争いで、簡単にどちらが正しいとか、こうすれば良いとかいう現実的な解決策があるわけではないのが現状。
そして憎悪が憎悪を生むことを繰り返し続けている。
世界は今なお災いに満ち溢れているのだ。

実行チームのひとりであるスティーヴ役はダニエル・クレイグ。
彼はこの作品の翌年、『007 カジノロワイヤル』でイギリスのスパイであるジェームズ・ボンド役に就く。
同じスパイでも、かなりキャラクターは異なるが、スパイの暗い部分は彼に似合いの役柄だと思う。
またその続編となる2008年の『007 慰めの報酬』では、ルイ役だったマチュー・アマルリックも出演している。
単なる偶然?


映画とは関係ないが、なんでアメリカはイスラエルの核保有に寛大なんだろう?
理屈が分からぬ。


大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント