『ザ・スーサイド・スクワッド』 マーゴット・ロビー×ジェームズ・ガン

DCコミック原作の映画『ザ・スーサイド・スクワッド"極"悪党、集結』観た。
すぐに観に行かなかったから、小さなスクリーンでしかやってなかったのが残念。
この夏のエース級作品じゃなかったのか、これ?
『ワイルド・スピード』シリーズには、敵わないんだな、やっぱり。
グロいしな(R15)。
監督はジェームズ・ガン。
マーベル映画の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を大ヒットさせた彼だが、過去のネット上での不適切な発言により、予定されていた同シリーズ第3作監督の座をディズニーより解雇されることとなる。
そこに目をつけたワーナー・ブラザーズがDC映画での監督をオファーし、『ザ・スーサイド・スクワッド"極"悪党、集結』を手掛けることとなった。
これは2016年に公開された映画『スーサイド・スクワッド』の続編という事になるが、前作を全く観ていなくても十二分に堪能できる、独立した作品となっている。
ハーレイ・クイン役は前作同様マーゴット・ロビー。



極秘任務のために集められた極悪受刑者たちのチーム、それがスーサイド・スクワッド。
任務遂行のため、夜の闇の中目的の島へと上陸するが、情報が漏れており待ち伏せを喰らうことに。
物語は冒頭から容赦のない殺戮が繰り広げられる。
到底ディズニーでは作ることが出来ないこのグロさ。
ジェームズ・ガンのディズニーへの当てつけか?
いやいや、そもそもジェームズ・ガンとはこういう人。
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は彼にしては、とてもお行儀のよい作品だった(最高だったのは間違いない)。
なのでグロさに引っかかる人には、この映画は楽しめないかも。
しかしそこがクリアできる人には、そうとう楽しめる作品ではないだろうか。

冒頭のひとやまの後クレジットが入るが、ここでシルベスター・スターローンという名前を発見し、そうなの?
出てるのか??
と思ったのだが途中で気づいたらサメ人間役だった(声)。




露悪的というか、悪趣味で不謹慎の連発だが、
強力に面白いエンターテイメントになっている。
また、アメリカはすぐに殺しまくる、といった趣旨のセリフがあったり、
自分で火をつけ、自分で火を消さなくてはならなくなるというマッチポンプ的なことを繰り返すという、現実のアメリカを映し出している。
自分が考える平和のためには犠牲はいとはないという信念を持つキャラクターのピースメイカー(演じるはプロレスラーでもあるジョン・シナ)は、そんなアメリカ国家の象徴か。
非常に暴力的でエンターテイメント的な部分も含め、”アメリカ”そのものを描いた作品。
アメリカってこういう国やでなぁ、と再確認してしまう。
ジェームズ・ガンお見事です!


また観た方は分かってもらえると思うが、ラットキャッチャー2とその父親(父親役はタイカ・ワイティティ)とのブルーハーツの「リンダ・リンダ」を思い起こしてしまうシーンがあって、そこも良かった。

ratcatcher2.jpg

なおジェームズ・ガンは、いったん解雇になった『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のシリーズ第3弾への復帰が決まっている。
これは、同シリーズの主要キャストたちが、彼の監督復帰を求めたことなどによるもの。
とはいえディズニーなので、今作のような表現をすることはないだろうが、楽しみでたまらないシリーズ最新作。
早く観たいな。
また『ザ・スーサイド・スクワッド』は、続編を撮るのだろうか、これも気になるところ。

とにかく予想以上に面白く、すばらしき作品でした。
なのでも一回言う、ジェームズ・ガンお見事です!!

大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント