『約束の宇宙(そら) エヴァ・グリーン

もうすぐ待ちに待った007最新作『ノー・タイム・トゥー・ダイ』が公開される。
6代目となるダニエル・クレイグによるジェームズ・ボンドの最終作である。

007.jpg

そんな彼のボンド作では、第1作となった『カジノ・ロワイヤル』(2006年)が僕はイチバン好きだ。
そこでボンド・ガールを務めたのがエヴァ・グリーン。



その彼女が主演した映画『約束の宇宙(そら)』(2019年)を観た。
美しさは変わらず、歳を重ねたこともあってかより豊かな表現力を身に付けた彼女は素敵だった。



フランス人のエヴァ・グリーン演じる宇宙飛行士のサラは、ミッションのクルーに選ばれ宇宙に旅立つこととなる。
彼女には7歳になる娘ステラがいた。
娘を前夫のトマスにあずけ訓練地に向かうサラ。
厳しい訓練、娘との離れ離れな生活。
お互いの孤独は募る。
宇宙に旅経てば、さらに一年間会えない生活となる。
揺れ動く親子の絆。
宇宙に飛び立つという危険なミッションに向かうためのトレーニングは、その絆を激しく揺さぶる。



基本的に淡々と描かれる。
その心の機微を表現するエヴァ・グリーン。
300人のオーディションから選ばれたステラ役のゼリー・ブーラン・レメルのいたいけな様子もまた、この映画を観る僕をグッと前のめりにさせる。


『約束の宇宙(そら)』のDVDについてAmazonで見る


仕事など目の前のやらなければならない、もしくはやりたいと思っていることと並行して、私生活というパーソナルで人間的な問題をみんな抱えている。
物事はシンプルではない。
でも、その対処法としてはシンプルであることが重要なのかもしれない。
そんなことを思った。

大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント