『フリー・ガイ』 ライアン・レイノルズ

劇場に観に行こうと思っていたが、思っているうちに終了してしまったという事がよくある。
終了していなくても、上映が一日一回だけとかで時間の都合が悪いなんて事もしばしば。
思い立った時にすぐ行動!
これが大事です。
でもなかなか、そう出来ないのが僕の最大の弱点であるのです。
そんなことで見過ごしていたライアン・レイノルズ主演映画『フリー・ガイ』が、スカパーで放送されたので観た!



ライアン・レイノルズ演じる主人公のガイ。
彼は毎朝同じカフェで同じコーヒーを注文し、その後職場である銀行に向かう。
その銀行は、毎日決まって強盗に襲われている。
そんなある日、自分の理想の女性モロトフ・ガール(ジョディ・カマー)を偶然街路で見かけたことから、彼女との交流が始まる。
その過程で、自分は”フリー・シティ”というゲームの中にのみ存在する、プログラムされたキャラクターであることを知る。
モロトフ・ガールは、実在する女性ミリーのゲーム内でのアカウントによるゲーム・プレイヤーとしてのキャラクター。

フリーガイ.jpg

ミリー(=モロトフ・ガール)がゲームの中に侵入してきた目的は、”フリーシティ”の世界の中に隠されているあるデータを見つけ出すため。
ミリーはキーズ(ジョー・キーリー)とともにゲームのオリジナルとなるものを開発していたのだが、”フリー・シティ”を所有する会社の社長アントワン(タイカ・ワイティティ)に盗用され訴訟を起こしていた。
そのため盗用の有力な証拠となるはずのデータが必要だったのだ。


『フリー・ガイ』のBlu‐rayについてAmazonで見る

リアルな存在でない自分に、疑問を持つガイ。

IMG_8149 (1).jpg

この事実に凄く思いを巡らすガイではあるが、
僕はリアルな世界と仮想な世界の違いって何なんだろうか?
と常々疑問を持っているタイプ。
たとえば辛い現実よりは、楽しい仮想世界のほうが良いと思っている。
そもそも今自分が生きている世界が、リアルな世界という証拠はない。
もしかしたら、僕らはみんなガイのようにただのプログラムのひとつかもしれない。
すると、いわゆる神様という存在は、そのプログラムを書いたクリエイターということになる。

なんて考えを持つ僕が観たこの映画ですが、
とても面白かった!

仮想世界のガイとリアルな世界のミリーとの交流
さて、どうなる!?

IMG_8178.jpg

ミリー役のジョディ・カマー、観たことある人だと思ったら人気海外ドラマ『キリング・イヴ』のヴィラネル役の人だった。
アントワン役の、監督としても名高いタイカ・ワイティティのハマり具合が良かった。
キーズ役のジョー・キーリーは、これまた人気海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』でおなじみ。

IMG_8170.jpg

監督および製作を務めるショーン・レヴィは、『ストレンジャー・シングス  未知の世界』の監督および製作総指揮を務めた人物。

劇場公開開始から、まだ半年さえも経っていないのにもう観れてしまう。
この事については、色々意見もあるだろうが、僕は観れてよかった。

また、この映画を観て『トゥルーマン・ショー』(主演:ジム・キャリー)を思い出した。
あの映画を連想させるシーンや趣が感じられた。


※ショーン・レヴィさん、期待してますよ!
『ストレンジャー・シングス 未知の世界』新シーズン。
早く観たいですっ!!


大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント