『LIFE!/ ライフ』 ベン・スティラー

何気に配信で観た『LIFE!/ ライフ』。
以前に一度観たことあるのだが、その時はまぁまぁ悪くはないな、という感じだった。
しかし、今回は心に響いた。
何故だろうか?
そもそも何故もう一度観ようと思ったのだろうか??

この映画は、ベン・スティラーが監督と主演を務めた2013年の作品。
冒頭のシーンのようにクリックしたのに実行されない、という事がよく起こる僕としてはつい感情移入してしまう。

主人公ウォルター(ベン・スティラー)は、有名なフォトグラフ雑誌『LIFE』の編集部で写真のフィルムの管理責任者。
そんな彼は、同僚のシェリル(クリスティン・ウィグ)に恋をしていたが、その恋心をうまく表明することが出来ない。
そしてある日、会社が買収されたことにより『LIFE』が廃刊となることを告げられる。
最終号の表紙には、同誌を代表するフォトグラファーのショーン(ショーン・ペン)から送られてきたものが掲載されることとなった。
ショーンが最終号の表紙に指定してきたのは、送付されてきたネガの25番目のもの。
しかし送られてきたネガに25番目のものがない。
ウォルターはショーンに直接赴き、ネガの所在を確かめようとする。



映画の中のライフ誌のスローガンは、
"世界を見よう、危険でも立ち向かおう。それが人生の目的だから”。

ウォルターはショーンを探すため、そのスローガンに沿った行動をする。
真面目に一生懸命生きてきたが、行動的なことが少なく、なりたい自分は空想の中(彼には空想癖があった)。
そんな彼が、ショーンを見つけるため世界へ飛び立つ決意をし行動する。
すると子どもの頃得意だったスケートボードが、大人になった彼を助けてくれる。
ナイキのコピーではないけれど、
JUST DO IT
なのだ人生に大事なのは、とくたびれた中高年になりそうな自分は、そう感じ胸を打たれるものがあった。

実際のライフ誌のスローガンというか、モットーとされているのは
"To see Life; to see the world"(人生を見よう 世界を見よう)で、これは映画用の創作とは少し異なる。
がオリジナルの全文
To see life; to see the world; to eyewitness great events; to watch the faces of the poor and the gestures of the proud; to see strange things — machines, armies, multitudes, shadows in the jungle and on the moon; to see man’s work — his paintings, towers and discoveries; to see things thousands of miles away, things hidden behind walls and within rooms, things dangerous to come to; the women that men love and many children; to see and take pleasure in seeing; to see and be amazed; to see and be instructed...

地味でもしっかりと責任のある行動をし続ける尊さを称えつつも、そこからさらに一歩踏み出す勇気を奮い立たせようとする映画。


『LIFE!/ ライフ』のBlu-rayについてAmazonで見る

しばらく忘れていたけど、心の奥底にずっと燻っているものを思い起こさせてくれる、
そんな作品とも言えます。
オススメです!!

大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック