『トップガン マーヴェリック』 トム・クルーズ

新型コロナの影響で公開が延びていた、言わずと知れたトム・クルーズの大出世映画『トップガン』の続編『トップガン  マーヴェリック』が公開された。
Twitterなどではかなりの高評価なので早速劇場に。

topgun.jpeg

実は前作『トップガン』、僕自身はあまり好みの作品ではない。
しかしトム・クルーズ出演作はもうここ数年、基本的に面白い作品ばかりである(『ザ・マミー』は観てないけど)。
で公開後の高評価、これは観るべきだろうと思っていざ劇場へ。

映画が始まる前に流れる予告編上映では、来年公開予定の『ミッション:インポッシブル』続編の映像も流れる。
気分が盛り上がる。



36年を経ての公開となった続編『トップガン マーヴェリック』だが、前作は長期にわたる壮大な前ふりだったのか? という思いが。
つまり、前作を遥かに超える面白さだったのだ、今作。

その面白さを可能な限り感じるためにも、前作を観ておくこと強くオススメしたい。
映画の詳細には触れないが、劇場の大スクリーンと音響システム下での戦闘機のシーンはそれだけで圧巻である。
おなじみのケニー・ロギンスの「デンジャー・ゾーン」も最高に高揚させてくれる。
配信を待つのではなく劇場で観るべき映画だと思う、このような作品は。

前作のオープニング10分


またトム・クルーズといえば、危険なアクションシーンもスタントを使わず自らが演技することで有名だが、この作品でも実際に戦闘機に乗り強烈なGと格闘している。
そしてそれは、トム以外のパイロット役の役者たちにも課された任務。



技術革新など時代の変化で戦闘機のパイロットは古い存在となろうとしている現在の状況。
前作で活躍した戦闘機F14トムキャットも今や過去の遺物。
古いタイプのナローポルシェも出てきたりする。
そんな時代遅れ的なものの美しさ、そして過去から引き継がれ未来に繋がっていくもの。
激しい迫力の映像や音響とともに、そのような存在を描いた『トップガン マーヴェリック』。
是非、劇場で!!



前作のマーヴェリックの相棒だったグース(アンソニー・エドワーズ)の息子であるルースター役を演じたのは、映画『セッション』の主役だったマイルズ・テラー。

ジェニファー・コネリー演じるペニー・ベンジャミンは、前作でその姿を見せてはいないが、会話の中で名前のみ登場している(何故か日本語字幕だとベニーになっていたが)。
IMG_0804.jpg

トムの強い要望もあり、前作に続き出演したアイスマン役のヴァル・キルマーは喉頭がんの影響から、AIが生成した音声を使っている。

また初期の予告編で、前作にあった日本国旗がなくなっていた件だが、本編では復活していた。
当初資本参加していた中国企業が、撤退したためではないかと言われている。

実に"アメリカ!" な映画でした。

大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント