『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』 トム・クルーズ

トム・クルーズ主演の『トップガン マーヴェリック』が大ヒット中で、Twitterなどでも胸アツな投稿が目立つ。
確かに面白い。
前作『トップガン』はあまり好みでなかった僕からすれば、これほどまでに面白いのは続編としてあるまじき作品だな、などと思ってしまう。
得てして続編とは前作ほど面白くないものだから。
つまり、それほどまでに、前作をはるかに超えていると思うのだ今作は。
(ごめんなさい前作ファンの皆様。。)

とはいえ、僕が最も好きなトム・クルーズ作品は何か?
と問われたら即答して『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を挙げる。
2015年に公開されたシリーズ第5作である(これまで6作が公開、来年以降7作目8作目が公開予定)。
これの前作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011年公開)を観た時、かなり興奮した。
シリーズ最高傑作だなと思った。
なのに”ローグ・ネイション”で、そこを超えてきた時は感激だった。

tomcruise.jpg

というわけなので、もし今回『トップガン マーヴェリック』をきっかけにトム・クルーズに魅力を感じ始めた方は、ぜひこの作品も観て欲しい!


『ミッション:インポッシブル』6作品収録のBlu‐rayセットについてAmazonで詳しく見る

さて、トム・クルーズといえば危険なアクションシーンも、スタントを使わず自ら撮影に挑むことで有名だが、今作品でも冒頭の飛行機につかまり空に飛び立つシーンも自身による演技。
しかもこれ8テイクも撮ったのだという。
その際上空では、風が強く目を開けていられないため特殊なレンズをつけての撮影をしている。



命綱があるとはいえ、何かアクシデントがあったらどうするのだ。
普通スーパースターはこういう事をしない。
周りも止める。
きっとトムの周りの人も止めたのだろう、でも聞かないんだなきっと彼は。
自らやりたくてやりたくてたまらないのだろうと思う。
ちょっと変なのだ、トム・クルーズという人は。
だからこそ、ただの2枚目スターでは納まらないのだろう。

それはそうと、この作品のジャパン・プレミアでのの英会話YouTuberの方、凄いなぁ!


まだ今は世界中『トップガン マーヴェリック』旋風が吹き荒れているが、だからこそ余計に楽しみになって来た、来年公開のシリーズ第7作『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』。




早く観たい!!

大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント