テーマ:音楽

『フェノミナン』 ジョン・トラボルタ ~「チェンジ・ザ・ワールド」は良い曲!

エリック・クラプトンが歌って大ヒットした「チェンジ・ザ・ワールド」は日本でもヒットし有名だが、この曲が用いられた映画『フェノミナン』はあまり知られてない。 いい映画だと思うんだけどな~ もちろん「チェンジ・ザ・ワールド」は良い曲! 1996年のアメリカ映画『フェノミナン』。 監督は『クール・ランニング』や『あなたが寝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The1975『仮定形に関する注釈』

2018年にリリースされたThe1975の3rdアルバム『ネット上の人間関係についての簡単な調査』(原題は”A BRIEF INQUIRY INTO”) は、とても素敵なアルバムだった。 僕はかなり気に入ってよく聴いていた。 バラエティに富んだ内容のアルバムだったが、中でも僕が一番好きなのは「Sincerity Is Scary」。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『蜜蜂と遠雷』

恩田陸の同名小説の映画化である『蜜蜂と遠雷』を観た。 良かった!! こういう映画大好きです。 映画と音楽が両方好きな人には特にオススメしたい作品。 それと主演の松岡茉優の演技がとても素敵だった。 『万引き家族』での演技も良かったが、今作での表現もまた素晴らしい。 引き込まれました。 松岡茉優演じる主人公の栄伝亜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『One World: Together at Home』ローリング・ストーンズ レディ・ガガ テイラー・スウィフト

休業要請による臨時休業期間が続きますが、これ当初の予定の期間で終わるのだろうか? というより終われるのだろうか?? いったん解消されたとしても、また必要になるんではと思っている。 そう考えてる人は多いと思う。 嫌だなぁ、仕方ないけどよ。 人類の歴史はウイルスの戦いでもある、なんていう人もいる。 実際そうなんだろうなぁ。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『へレディタリー』より ~「Both Sides Now(青春の光と影)」ジュディ・コリンズ ジョニ・ミッチェル

アリー・アスター監督(『ミッドサマー』2019年)の長編デビュー作であり、上映後大変話題となった2018年のホラー映画『ヘレディタリー 継承』を観た。 ホラーであり、家族の物語でもある。 主人公のアニー(トニ・コレット)が自分の夫や子どもたちと築こうとするものと、アニーの母が築こうとするものとの戦いがこの映画の核だと僕は思っている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HAIM(ハイム)× ポール・トーマス・アンダーソン 

カリフォルニア出身の3姉妹からなるハイムの4月に発売される予定だったニューアルバム『Women In Music Pt.III』が、コロナウイルスの影響で発売が夏ごろに延期されることになった。 すでに発表されているいくつかの新曲がとても良かったので、とても残念。 仕方ないことだけど、こればっかりは。 アルバムのジャケッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ヴァージン・スーサイズ』

僕は映画のサントラ盤が好きだ。 そもそも、いい映画には、いい音楽がつきものだと思う。 そこで今日は、大好きなサントラ盤を紹介。 それはソフィア・コッポラが監督した1999年の作品『ヴァージン・スーサイズ』のサントラ盤。 ソフィア・コッポラは映画ファンならご存知のように、あの大監督フランシス・フォード・コッポラ(ゴッドファーザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バタフライ・エフェクト』

前回『天使のくれた時間』という、別の世界でこれまでと違う人生を送るというストーリーの映画について書きましたが、今回の映画も少し似た部分がある。 今日紹介する映画『バタフライ・エフェクト』は、主人公(アシュトン・カッチャー)が自らが書いた日記をもとに過去へと戻ることが出来るという話。 その能力を使い、過去を変えることで、現在を変え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クイーン+アダム・ランバート

先ほどWOWOWで2014年のサマーソニックでのクイーン+アダム・ランバートのライヴの模様を放送していた。 何気に観てたらついつい最後まで観てしまった。 当時サマソニのトリとしてクイーン+アダム・ランバートが発表されたとき僕は思った、フレディのいないクイーンもどきの何が良いんだ? というふうに。 昨年、フレディ・マーキュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キース・リチャーズ ~禁煙バーだけどキース大好きなんです!

14歳の時からずっとローリング・ストーンズの虜だ。 他にも大好きなアーティストはいるが、僕にとってストーンズは特別な存在。 彼らのせいですっかり人生が狂ってしまった、 とまで言うと大袈裟過ぎるかもしれないが。 いや、そんなことはないぞ、マジで。 彼らとの出会いがなければ、また違った人生になってたかもしれない。 なので、店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シャイン・ア・ライト』 ローリング・ストーンズ×マーティン・スコセッシ

僕は映画と同じく音楽も大好きで、中でもこよなく愛しているのがローリング・ストーンズ。 店内には、そのストーンズのポスターも飾ってある。 これは、マーティン・スコセッシが監督をしたストーンズのライヴ映画『シャイン・ア・ライト』。 2006年にニューヨークのビーコン・シアターで行われたライヴの模様が描かれている。 なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『リトル・ダンサー』

エルトン・ジョンの伝記映画『ロケットマン』が好評のようです。 エルトン・ジョンと言えばやはり「ユア・ソング」が有名ですが、僕個人としては大好きな映画『あの頃ペニーレインと』で流れる「タイニー・ダンサー」がイチバン好き。 で、今日採りあげるのは『ロケットマン』でも『あの頃ペニーレインと』でもなく、2001年に日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スガシカオ「黄金の月」

先日車の中でFMを聞いていたらスガシカオの「黄金の月」が流れてきた。 無茶苦茶大好きな曲なのだが、実は久し振りに聴いた。 そして、なんだかとても胸に染みた。 グルーヴ、メロディ、歌詞、ヴォーカルどれもが絶妙な混ざり具合でうねるように心に体に響いてくる。 歌詞がまた特にたまらんのです。 僕はスガシカオと同じ年なので共感し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐野元春 「ハートビート」

10代のころ思い描いていた 50代の自分が手にしていただろうものは、何一つ手にできていない。 52歳まで生きながらえてきただけでも、よしとするか。 よしとしよう、今日のところは。 あまり考え込むと・・・・ 10代のころから佐野元春の音楽がずっと好きだ。 50歳を超えて聴く佐野元春。 10代のころは分からなかった歌の意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

先日アマゾンプライムで『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』を観ました。   これ面白かったです。 一流レストランで料理長を務める主人公が、オーナーと意見が食い違い店を辞めてしまう。 そこで彼は旧友で元アシスタントのマーティン、息子のパーシーとともにキューバサンドイッチの移動販売を始め、マイアミからロサンゼルスへ向かう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『グレイテスト・ショーマン』

ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』が人気なのは知っていました。 アップル・ミュージックのランキングでは、サントラがアルバム・チャートの1位の座にまるで定位置かのごとく長期間居続けてもいました。 観るべきなんだろうなとはずっと思ってはいたのです。 しかし如何せん僕はミュージカルが苦手。 そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ボヘミアン・ラプソディ』

今や伝説的なロック・バンドとなったクイーンの物語を、ヴォーカルのフレディ・マーキュリーを中心にとらえた話題の映画『ボヘミアン・ラプソディ』観てきました。 音楽ファンであり映画ファンであるなら、絶対に見逃せない映画かと思います。 メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが参加して録音された、20世紀フォックスのファンファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more