テーマ:洋画

『RED』 ブルース・ウィリス ~楽しい映画が好きだ!

日本でも予想外の大ヒットとなっている『ジョーカー』。 見応えのある素晴らしい作品だったと思います。 主演のホアキン・フェニックスの演技は鳥肌ものでした。 『ダークナイト』でJOKERを演じたヒース・レジャーと双璧をなす演技だったのではないでしょうか。 この映画が素晴らしいというのは多くの人が感じたことだと思いますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』 ケビン・コスナー

ケヴィン・コスナーはいくつかの野球映画に主演している。 公開順にあげると、『さよならゲーム』(1988年)、『フィールド・オブ・ドリームス』(1989年)、『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』(1999年)。 どれも素敵な映画だ。   この中から今日は『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』を採り上げたいと思います。 ちょっとこれは、映画そのものとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ゾンビランド』

好きな映画である『ゾンビランド』(2009年)の続編となる『ゾンビランド:ダブルタップ』の公開が近づいてきました。 そこで今日は、振り返る意味で『ゾンビランド』を採り上げてみたいと思います。 基本的に僕は、"ゾンビもの"は観ない。 子どもの頃リアルタイムで観た映画『ゾンビ』は怖かったし、面白い映画で好きだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽映画ベスト10

映画も音楽も大好きなので、当然ながら音楽映画に魅かれる。 なので今回は、またいつものように勝手ながら音楽映画の、僕の独断と偏見によるベスト・テンを紹介したいと思います。 よろしければお付き合いください。 ところで音楽映画の定義ですが、今回のランキングに際しては、音楽を題材にしたもの、もしくは音楽がないと作品として成り立たないも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『キング・オブ・コメディ』 マーティン・スコセッシ×ロバート・デ・ニーロ

映画『ジョーカー』の下敷きになった作品として、『タクシー・ドライバー』と『キング・オブ・コメディ』が挙げられている。 どちらも監督がマーティン・スコセッシで主演はロバート・デ・ニーロ。 『タクシー・ドライバー』はかなり大好きな映画だが、『キング・オブ・コメディ』は観たことがなかった。 『ジョーカー』が良かったので、ぜひ『キング・オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジョーカー』【ネタバレなし】

予告編でグッと胸を鷲づかみにされ、実に久し振りに公開初日に観に行った『ジョーカー』。 前評判通り、衝撃的な作品だった。 ホアキン・フェニックスの演技は前評判以上の素晴らしさ。 凄かった! 良いとか悪いとかではなく、本当に凄かった!! これまでバットマンのシリーズを一作も観ていなくても、映画の本質は十分理解し楽しめる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ジョーカー』のポスター買った!

もうすぐ公開される『ジョーカー』が楽しみで仕方がない。 予告編でグッときてしまった。 色んな種類のプロモーション用のポスターがネット上に散見する。 公開が近づきその種類がさらに増えてきた。 中でも僕が一番気に入ったのは、 これ↑ 是非とも手に入れて、店に飾りたいなと思ったのだが、よく行くポスター屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ミッドナイト・ラン』 ロバート・デ・ニーロ

『ジョーカー』が早く観たくてたまらない今日のこの頃であります。 なので今回も前回に引き続き『ジョーカー』絡みで、同映画に出演しているロバート・デ・ニーロの出演作の中から、僕が特に好きな作品のひとつを紹介したいと思います。 ロバート・デ・ニーロといえば、名演の数々が思い浮かびます。 中でも特筆すべきものは『ゴッドファーザー PA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』

10月4日に日米同時公開される、ホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』が無茶苦茶楽しみだ。 予告編観ただけで、胸を打たれた。 前評判もすごく良いみたいだ。 ほんと楽しみ、早く観たい! さて、その『ジョーカー』であるが、監督を務めるのはトッド・フィリップス。 そう、あの”ハングオーバー・シリーズ”を手掛けた人物で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

90年代外国映画ベスト10

キネマ旬報9月下旬特別号で、 1990年代外国映画ベスト・テン という特集をやっていた。 ランキング好きの僕は久々にキネマ旬報を購入し、興味深く拝読。 あったな~、この映画! などと思いつつ読んでみたが、僕の好みとは大分違うランキングだった。 1位の作品に至っては、観たことないどころか、その存在さえ知らなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『最後の追跡』

NETFLIXで『最後の追跡』を観た。 ネットフリックス・オリジナルとなっているが、アメリカでは普通に劇場で公開されていたもの。 ただ日本では劇場公開もなく、ソフトでの発売もされず、現状Netflixでしか観れないという作品。 第89回アカデミー賞作品賞ノミネート作。 テキサスの田舎町で銀行強盗を続ける兄弟。 そして、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フィクサー』 ジョージ・クルーニー

とても好きな俳優は何人かいるが、そのうちの一人がジョージ・クルーニー。 最初に彼の存在を知ったのは、多くの人がそうであるようにTVドラマ『ER』のダグ役で。 そこで大きな人気を得た彼は『ER』を降板、ハリウッドへ進出、今ではハリウッドを代表する俳優の一人にまで登りつめてしまった。 これにはちょっとビックリした! そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フォーン・ブース』 コリン・ファレル

コリン・ファレル主演の映画『フォーン・ブース』(2003年)を今更ながらに観た。 当時とても評判だったので、観ようと思っていたのだがタイミングを逃し今に至っていた。 しかし、先日ブックオフで見かけてつい購入。 というわけで、2019年になってやっと鑑賞。 シンプルな感想を最初に言うと、 面白かった!! コリン・フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『スーパー・チューズデイ ~正義を売った日~』 ジョージ・クルニー ランアン・ゴズリング

少し前に参議院選挙が終わりましたが、今日は選挙、それもアメリカの大統領予備選を映画描いた映画『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』を採り上げます。 監督はジョージ・クルーニー(出演もしている)。 ジョージ・クルーニーの他、 ライアン・ゴズリング、フィリップ・シーモア・ホフマン、ポール・ジアマッティ、マリサ・トメイなどが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラブ&ドラッグ』 アン・ハサウェイ ジェイク・ギレンホール

今日は、アン・ハサウェイの裸がいっぱい観れるラブ・ストーリーをご紹介。 けして裸が売りの女優ではないし、そういう映画ではございません。 けっこうグッとくる映画であります。 なのでこういう書き出しは非難の的となる可能性があると思いますが、男子目線からすると、出し惜しみすることない美しい脱ぎっぷりには魅かれてしまいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『グッドフェローズ』

ギャング映画マフィア映画というのはよくあるが、なかでもこのマーティン・スコセッシ監督による『グッドフェローズ』は傑作だと思う。 マーティン・スコセッシの数ある名作の中でも、『タクシー・ドライバー』に次いでオススメしたい作品である。 またこの映画、ロックファンにとっては、音楽の使い方にとてもグッとくるものがあった。 音楽絡みで特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』

恋愛は少しご無沙汰な僕だが、時には恋愛気分を思い出してみたいと思ったりもする。 そんな気分にぴったりな映画が『ビフォア・サンライズ』。 イーサン・ホーク演じるジェシーと、ジュリー・デルピー演じるセリーヌが偶然列車の中で知り合い意気投合。 ウイーンで共に途中下車し、次の朝までの限られた時間を共にする。 次の朝にはそれぞれの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『コンカッション』

予定のない休日何か映画を観ようと、amazonプライムをうろうろ。 そしてなかなか評価の高い映画『コンカッション』を発見。 主演はウィル・スミス。 演ずるは、医師で検視官のベネット・オマル。 ある日彼は、引退したアメリカン・フットボールの元スター選手マイク・ウェブスターの検死解剖を行う。 そこで彼は、死因に不審な点があることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アメリカン・グラフィティ』

言わずと知れた青春映画の大傑作。 監督はジョージ・ルーカス。 若かりしハリソン・フォーフォードも出演している。 昔のアメリカンな若者模様が、とてもいい感じ。 こんな青春時代を送ってみたかったものだ。 とはいえ、こんな青春だったとしても当人にとっては、それほど楽しいことばかりではなかっただろう。 二日間の出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マトリックス』 仮想現実について考える

こんなことを考えたことありませんか? 実は今自分は夢の中にいて、現実の自分は今とは全然違う境遇で生きているんじゃないか、なんてことを。 少なくとも、そうじゃないという確証が持てない。 『マトリックス』シリーズが好きだ。 あの映画の世界観に惹かれる。 世界観の話は置いといて(もちろん関連するんだけれど)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マネーボール』

メジャーリーグで活躍する大谷翔平(エンゼルス)が本拠地では今季初となるホームランを打ったからではないが、今日はアメリカの野球映画『マネーボール』について。 ブラッド・ピットが、プロ野球メジャーリーグのオークランド・アスレチックスのビリー・ビーンGMを演じる、事実に基づいた物語。 アスレチックスは資金の乏しい球団だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』

トム・クルーズの映画が好きだ。 すごく大雑把な言い方だけど、彼が出る映画はどれもそれなりに面白い。 それほどのハズレを経験したことがないのだ。 彼の出演作の全部を観てるわけではないけど、概ね高確率で楽しむことが出来る。 そんな彼の出演作の中でも、特に人気シリーズとなっている“ミッション:インポッシブル”は毎回見逃せない。 これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マイ・インターン』

ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイが共演した、2015年のアメリカ映画『マイ・インターン』を昨日初めて観た。 デニーロもアン・ハサウェイも好きだし、作品の評判も良いみたいなのでずっと気になっていたのだが、何故かこれまで観ることなく来てしまっていた。 だが、ついに観ました。 率直な感想は、楽しい気分になれる、好きなパターンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの頃ペニーレインと Almost Famous

先日より、大阪は心斎橋(南船場)で、 ”Almost Famous” という名のBARをオープンしました。 古い付き合いの友達の何人かからは反対された。 「新規の飲食店の成功率を知ってるか!?」 と。 知ってるとも!! 資金さえ用立てられたら誰でも参入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シャッター アイランド』

今年秋、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの共演による、タランティーノ監督作品『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が公開される。 これ凄い楽しみ! ディカプリオのタランティーノ作出演は、2012年の『ジャンゴ 繋がれざる者』以来となる。 『ジャンゴ 繋がれざる者』はとても好きな映画だったので、僕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの映画紹介サイト『MIHOシネマ』

予定のない休日、それがまた連休だったりすると、ここぞとばかりに映画を観ようと思う。 レンタル店で借りる、もしくは配信サービスで観る。 もちろん劇場に行って最新作を観るということもある。 しかし年々劇場で観るのがおっくうになってきてしまっている。 ダメだなと思ってはいるんだけど。。 ということで最新でないがまだ観ていない作品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『グリーンブック』

今年のアカデミー賞で作品賞を受賞(脚本賞、助演男優賞も受賞)した『グリーングック』を観てきた。 実話を基にした作品。 タイトルとなった”グリーンブック”とは、黒人の公共施設の利用などを制限したアメリカ南部の州法(ジム・クロウ法)がまかり通っていた時代に、黒人旅行者にサービスを提供する宿泊施設などを示したガイドブックのこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『運び屋』 クリント・イーストウッド

昨日クリント・イーストウッドの最新作(監督・主演)『運び屋』観てきました。 公開初日に映画を観るのなんて実に久しぶり。 たまたま時間があったからなんだけど、大好きなイーストウッド作品ということで期待しての鑑賞となりました。 予告編からイメージするほどのサスペンス色はあまりない。 人間味のあるアメリカのおじいさんを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ミリオンダラー・ベイビー』

先日WOWOWだったかスカパーだったか忘れたけど『ミリオンダラー・ベイビー』を放送していたのでつい観てしまいました。 当時アカデミー賞作品賞など主要4部門を受賞した、クリント・イーストウッド監督・主演映画。 ボクサー役の主演女優はヒラリー・スワンク(今作でアカデミー賞主演女優賞獲得)。 脚本はポール・ハギス。 劇場で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラ・ラ・ランド』

一昨日テレビで『ラ・ラ・ランド』を地上波で放送していたのだが、同じ日のその数時間前には、スカパーでも『ラ・ラ・ランド』は放送されていました。 僕はスカパーの方をついつい観てしまったんだけど、やっぱり好きですこの映画。 素敵な映画だと思います。  女優を目指すミア(エマ・ストーン)、自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more