テーマ:映画

『TENET テネット』観た!(ネタバレなし)

『TENET テネット』観ました! すでに2回。 ネタバレなしで(あまり詳しく内容には触れません)、『テネット』に関して思うことを書きたいと思います。 クリストファー・ノーランの新作ということで世界中の映画ファン同様、公開を楽しみに待っていた。 店内にもずっとチラシを飾っていたくらいだ。 そんな僕だが、公開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』ケイシー・アフレック ルーニー・マーラ

WOWOWオンデマンドで『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』を観た。 A24配給の2017年の作品。 ルーニー・マーラが出てるので観た、という感じではあるが、結論から言うと良い映画でした。 ゴースト、つまり幽霊の話なのだが、 人生って… という内容。 ピント外れかもしれないが、僕は『火の鳥』(手塚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『インターステラー』クリストファー・ノーラン×マシュー・マコノヒー

新作『TENET テネット』が公開間近のクリストファー・ノーラン監督による2014年の作品『インターステラー』。 ”ブラック・ホール” ”5次元” ”ワームホール” ”相対性理論” ”特異点”などの科学的な用語が飛び交うSF作品。 だがその実態は愛の物語。 愛の力の強さを高らかに謳いあげた物語だ。 異常気象によりもは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バーニング 劇場版』 監督:イ・チャンドン 原作:村上春樹

映画『バーニング 劇場版』を観た。 原作は村上春樹の短編小説『納屋を焼く』。 監督はイ・チャンドン(『オアシス』『『ポエトリー アグネスの詩』等)。 タイトルに劇場版とあるのは、この作品にはテレビ版があるため。 テレビ版は148分ある劇場版を95分に編集したもので、日本で劇場版が公開される前にNHKで放送された。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『インサイダー』 アル・パチーノ ラッセル・クロウ

以前アル・パチーノ出演のオススメ映画ベスト5を書きましたが、その中でセレクトした『インサイダー』を今日は採り上げたいと思います。 マイケル・マンが監督を務めた1999年の作品。 主演はアル・パチーノとラッセル・クロウ。 タバコ産業の不正を告発したTVプロデューサーとタバコ産業の元重役を描いた、実話を基にした物語。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『探偵はBARにいる』 大泉洋 松田龍平

大阪の心斎橋/南船場でバーをやっているので、 というわけでもないですが今日はBAR関連の映画『探偵はBARにいる』について。 大泉洋と松田龍平のコンビによる探偵もの。 シリーズ化されており、これまで3作が公開されている。 今回はまずシリーズ第一作について。 主人公の探偵(大泉洋)は札幌のススキノのバー『ケラーオオーハタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フェノミナン』 ジョン・トラボルタ ~「チェンジ・ザ・ワールド」は良い曲!

エリック・クラプトンが歌って大ヒットした「チェンジ・ザ・ワールド」は日本でもヒットし有名だが、この曲が用いられた映画『フェノミナン』はあまり知られてない。 いい映画だと思うんだけどな~ もちろん「チェンジ・ザ・ワールド」は良い曲! 1996年のアメリカ映画『フェノミナン』。 監督は『クール・ランニング』や『あなたが寝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナイロビの蜂』 レイチェル・ワイズ レイフ・ファインズ 

ナイロビに駐在するイギリス外交官ジャスティン(レイフ・ファインズ)は、妻テッサ(レイチェル・ワイズ)が殺されたたことを知る。 死に至る経緯には謎が多い。 ジャスティンは、その謎を追求する。 そこから見えてくるのは人の命を軽んじる、企業(製薬会社)の陰謀。 そして、それに加担するイギリス政府。 テッサが殺された理由は・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ゼロ・ダーク・サーティ』 ジェシカ・チャスティン×キャスリン・ビグロー

いわゆる社会派ドラマが、何故だか好きなのです。 なんでだろうか? 特にジャーナリストものと、CIAものが好き。 スリリングな緊迫感が好きなのか、それとも怖いものを高みの見物してるのが楽しいのか? といっても、作品自体が素晴らしいものでないと魅かれません。 今日はそんな種類の映画 『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012年アメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アル・パチーノ出演映画オススメ・ベスト5

今日は僕がとても大好きな俳優のひとりであるアル・パチーノの出演作から、是非とも皆様にオススメしたい映画ベスト5を勝手ながらセレクトして紹介したいと思います。 お付き合いのほど、よろしくお願い致します。 アル・パチーノは僕がまだ10代の頃だと、日本ではアル・パシーノと呼ばれていた。 僕がその名前を知ったのは、小学生の頃好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナイブズ・アウト』 ダニエル・クレイグ クリス・エヴァンス

またもや新型コロナウイルス感染者が増えてきて、すっかり店の中は閑古鳥が鳴いております(最近はこんな言い方しないのかな?)。。 気分が滅入るようなニュースも多く、気分が冴えません。 そこでお酒でも飲みながら、楽しめる映画でもと思い、ネットフリックスで、 『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』を観た。 公開が延期され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々に『タクシードライバー』を観た デ・ニーロ×スコセッシ

WOWOWで『タクシー・ドライバー』を放映してたのでつい観てしまった。 何時以来だろうか、この映画を観たのは。 マーティン・スコセッシ監督による、ロバート・デ・ニーロ主演の言わずと知れた1976年のクラシック作『タクシードライバー』。 アイリス役のジュディ・フォスターはこの時13歳。 初めてこの映画を観たのは30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ゆれる』オダギリ ジョー 香川照之

先日発売されたキネマ旬報7月下旬特別号で、2000年代の日本映画ベストテンが特集されていた。 僕はあまり日本映画を観ないので、ベストテンにランクインされている作品のうち観たことのあるものは数作だけだった。 キネマ旬報 2020年7月下旬特別号についてamazonで見る 今日は、その中のひとつ『ゆれる』について。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YouTubeチャンネル始めました! 映画×BAR

もともと順調とは言えなかったのに、新型コロナウイルス(COVID‐19)の影響でかなり厳しい状況の店の運営でございます。 そこで集客の一環として、 Cafe&Bar Almost Famous の YouTubeチャンネルを立ち上げることにしました。 https://www.youtube.com/channel/UC_qd…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリソン・フォード映画ベスト5

映画が好きだというと、ちょっとマニアックな映画だったり、通好みな俳優が好きだと思われることが多い。 でも大枠でいうなら、よく観る映画はハリウッド映画。 大好きな俳優のひとりはハリソン・フォードだったりする。 先日78歳になったハリソン・フォードだが、今後はインディ・ジョーンズ最新作の撮影が控えてる。 これ、たまらん楽しみ。 ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ペンタゴン・ペーパーズ』 メリル・ストリープ トム・ハンクス × スティーヴン・スピルバーグ

ネットフリックスを開いたら、今更ながらに『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が大きくフィーチャーされていたので、久々にまた観てみようかなと思いクリック。 観るのは今回が2度目。 シリアスな緊迫感が伝わってくる好きな映画(監督:スティーヴン・スピルバーグ)。 報道とは!? と問いかけてくる作品!! 映画の舞台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2000年代外国映画ベスト10

キネマ旬報最新号で、 2000年代外国映画ベスト・テン という企画を行っていたので早速購入。 表紙で1位が想像できてしまうのが面白くない、といつも思ってしまうのは僕だけだろうか? キネマ旬報 についてamazonで見る さてランキングの方であるが、僕が思うベストテンとはずいぶん違う。 いつものことだ。 映画ファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『タクシー運転手 約束は海を越えて』 ソン・ガンホ

Amazonプライム・ビデオで、ソン・ガンホ主演の映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』を観た。 1980年に戒厳令下の韓国光州で起こった民衆と軍との衝突、いわゆる光州事件を基にした映画だ。 この事件については、まだ定かでない部分もあるようであり、映画化するにあたり脚色されたシーンもあるようだ。 東京からやってきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『それから』松田優作×森田芳光

休業期間中掃除などしていると、こんなのあったっけ? というようなものが出てくる。 実際今回、その存在すら忘れていたレコードであったり映画のパンフレットだったりがいくつも出てきた。 その中のひとつに、映画『それから』のパンフレットがあった。 夏目漱石の有名な小説『それから』を松田優作主演で描いた映画。 監督は森田芳光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『蜜蜂と遠雷』

恩田陸の同名小説の映画化である『蜜蜂と遠雷』を観た。 良かった!! こういう映画大好きです。 映画と音楽が両方好きな人には特にオススメしたい作品。 それと主演の松岡茉優の演技がとても素敵だった。 『万引き家族』での演技も良かったが、今作での表現もまた素晴らしい。 引き込まれました。 松岡茉優演じる主人公の栄伝亜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『リチャード・ジュエル』 クリントイースト・ウッド監督

クリント・イーストウッド監督作品のファンなんだけど、劇場公開見逃してしまった『リチャード・ジュエル』を昨日レンタルで観た。 これは1996年に実際の起こった爆弾事件を基にした映画。 このところ実話ものが続くクリント・イーストウッド。 前作の『運び屋』も良かった。 しかし今作は前作のような軽快さはなく、またカタルシスもないまま淡々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ニューオーリンズ・トライアル』 ジョン・キューザック

深夜スカパーのスターチャンネルで『ニューオーリンズ・トライアル』(2003年アメリカ公開)が放送されていたのでつい観てしまった。 好きな映画なんですよ、これ。 主演はジョン・キューザック。 他にもジーン・ハックマン、ダスティン・ホフマン、レイチェル・ワイズなどが出演。 銃規制に関する裁判を扱った法廷サスペンス。 この映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『レボリューショナリー・ロード』 ディカプリオ×ケイト・ウィンスレット

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(2008年アメリカ公開)を観た。 主演はレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。 このふたりといえば思い出さずにはいられないのが、あの世界的超特大ヒット映画『タイタニック』。 サントラ・アルバムもビデオソフトも驚くほどの大ヒット。 しかし当時のあまりの大人気に、ひねくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エリザベスタウン』 キャメロン・クロウ

僕には観たはずなのに、よく内容を覚えていない映画が結構ある。 良かった映画でも、観終わった後の自分の感情や感想は覚えているが、作品の詳しい内容ははっきりしないというパターンが多い。 これって僕だけかなぁ? それなりに映画をたくさん観てる人だったら、同じようなことあると思うんだが、どうなんだろうか? さて今日は、そんなよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『カイロの紫のバラ』 ウディ・アレン×ミア・ファロー

先日掃除していたら、色々と古い映画のパンフレットが出てきた。 その中のひとつにあったのが『カイロの紫のバラ』。 ミア・ファロー主演のウディ・アレン監督作。 日本公開は1986年。 大学生の時に劇場で観た。 しかし、だいたいの話は覚えているけど今となっては詳細が不明瞭なので久々に観てみることに。 実に30年以上ぶり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『キングダム/見えざる敵』 ジェイミー・フォックス

臨時休業の状況が続く中、この時間を利用してamazonプライムやNETFLIXで映画やドラマを観ている。 以前から観たいと思っていたものが中心だが、何気に見つけてこれ面白そうだなと思って観たものもある。 その中のひとつ、ジェイミー・フォックス主演の2007年のアメリカ映画『キングダム/見えざる敵』。 書く前に資料的なものを調べよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『死ぬまで観たい映画1001本』

先日アマゾンで『死ぬまで観たい映画1001本』の最新版を購入した。 1902年から2018年の世界の映画から厳選されたオススメ映画1001作が紹介されている。 日本映画も、黒澤作品やジブリ作品ほか幾つかの作品がセレクトされている。 オールタイムの1001本ということで、中には名前も知らなかった作品もある。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『殺人の追憶』 ポン・ジュノ ソン・ガンホ

第92回アカデミー賞で、作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞の4部門を受賞した『パラサイト 半地下の家族』の監督ポン・ジュノによる『殺人の追憶』(2003年)を観た。 当時からとても評判の良かったこの映画だが、アメリカ映画偏重傾向のある僕は、その後も評判の良い作品を作り続ける彼の映画とはずっと縁がなかった。 しかし『パラサイト 半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード

時々お客さんから、 一番好きな映画って何? と訊かれることがあります。 その際僕はいつも答える前に一瞬ためらいが生じます。 何故かというと、 映画好きを売りにしているゆえ、通好みな隠れた名作のようなものを答えることが期待されてるように勝手に感じてしまうからです。 ですが僕は、大の映画ファンでありますが、マニアかというとけして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティーヴ・マックイーン おすすめ作品!

僕が最初に好きになった俳優はスティーヴ・マックイーン。 彼の出演している映画をテレビで観たのがきっかけ。 当時最高レベルの人気俳優だったスティーヴ・マックイーン。 ポール・ニューマンと共演した『タワーリング・インフェルノ』は父に連れられて劇場で観た。 今でも大好きな映画だ。 ネタさらし過ぎに思える予告編 タワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more