『鬼滅の刃』の米ヒットに思う 本当に外国映画が理解できるか?

先頃アメリカで公開された日本のアニメーション映画『鬼滅の刃 無限列車編』が、予想を超えたヒットを記録。 配給会社がソニー・ピクチャーズ系列であることも、要因の一つと言われている。 まぁそれはあるだろうと思うが、 アメリカ人が観ても面白いのか? という気はしている。 それに、この映画はTVアニメシリーズの続編であり、コミックでは…
コメント:0

続きを読むread more

『荒野の誓い』クリスチャン・ベール

クリスチャン・ベール主演の西部劇『荒野の誓い』を観た。 彼の出演作に『3時10分、決断のとき』という西部劇があって、これがかなり良かったので今回も期待して観た。 監督は、ジェフ・ブリッジスがカントリー歌手の役を演じた『クレイジー・ハート』のスコット・クーパー。 200年以上にわたる”インディアン戦争”も終わりを迎えた1…
コメント:0

続きを読むread more

『罪の声』 小栗旬×星野源

TSUTAYAでいくつかレンタルしてきた。 GWに緊急事態宣言ということで、新作はかなりの率で貸し出しされている。 観たいと思ってた『浅田家』が全てレンタル中だったのは残念だけど、1本だけ残っていた『罪の声』が借りられたのはラッキーだった。 というわけで、今日は小栗旬と星野源が出演の『罪の声』について。 これは198…
コメント:0

続きを読むread more

『はちどり』 韓国映画

キネマ旬報の2020年外国映画ベストテンの2位に選ばれるなど、とても評価の高い映画『はちどり』を観た。 そこまでみんなが良いというなら、観とかないとなという感じで。 上述のキネマ旬報のランキングで1位になったのは『パラサイト 半地下の家族』だった。 韓国映画のワンツー・フィニッシュである。 僕はこれまでほとんど韓国映画を観ること…
コメント:0

続きを読むread more

『シカゴ7裁判』 Netflix映画

Netflixオリジナルの映画『シカゴ7裁判』が面白い。 これだけの作品がネットフリックス加入者しか観れないというのは、いかがなものかという思いも少しある。 そもそもこの作品はパラマウントにより劇場で公開される予定であったが、新型コロナの影響で劇場公開を残念し、ネットフリックスが配給権を獲得し今に至っている。 この作品はアカデミー…
コメント:0

続きを読むread more

『君が生きた証』 ビリー・クラダップ×ウィリアム・H・メイシー

僕がこよなく愛する映画『あの頃ペニーレインと』で、スティル・ウォーターのギタリストであるラッセルを演じていたビリー・クラダップ主演の『君が生きた証』を観た。 最近までこの映画の存在を、恥ずかしながら知らなかった。 どうやら評判は良いみたいだ。 しかもビリー・クラダップ主演、それに音楽映画のようでもある。 好みかも。 …
コメント:0

続きを読むread more

『ノマドランド』(ネタバレあります) クロエ・ジャオ×フランシス・マクドーマンド

今年のアカデミー賞作品賞の有力候補である『ノマドランド』を観てきた。 主演はフランシス・マクドーマンド。 これまで『ファーゴ』(1996年)と『スリー・ビルボード』(2017年)で2度アカデミー賞主演女優賞を獲得している。 今年も『ノマドランド』で主演女優賞にノミネートされている。 僕にとっては、大好きな『あの頃ペニ…
コメント:0

続きを読むread more

『ミナリ』(ネタバレあり)スティーヴン・ユァン A24×プランB

アカデミー賞作品賞候補にもなっている映画『ミナリ』を観てきた。 候補作の中でも、かなり有力なひとつなのだが上映規模は小さい。 なのにだから、それだからなのか、平日の昼間ではあるが観客は10人ほど。 コロナ禍の真っただ中とはいえ、寂しい。。 この映画の製作は『ミッドサマー』や『ヘレディタリー/継承』『レディバード』など最近高評…
コメント:0

続きを読むread more

Netflixで早送り再生 どうなんだ、それ!? ~『エリザベスタウン』観ながら

今やハリウッドを凌駕するかのような(これは言い過ぎだけど)、ネットフリックス。 ドラマのみならず、映画も多くのオリジナルの作品も配信されており、今年のアカデミー賞作品賞候補の2作を含め、計16作品がノミネートされている。 もちろん僕も会員登録していて、しょっちゅう観てる。 今ではかなりの人たちが会員登録しているんではないだろうか。…
コメント:0

続きを読むread more

『グエムル -漢江の怪物-』 ポン・ジュノ×ソン・ガンホ ペ・ドゥナ

『パラサイト 半地下の家族』を観て以来、それまでほとんど関心がなかった韓国映画を幾つか観るようになった。 同作の監督ポン・ジュノや出演していたソン・ガンホの作品を中心に観ている。 その流れに沿って、今回は2006年のポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演『グエムル-漢江の怪物-』を観た。。 韓国映画に詳しくない僕でも知っている役者さん…
コメント:0

続きを読むread more

Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』 ヴィオラ・デイヴィス チャドウィック・ボーズマン

デンゼル・ワシントンがHBOと企画を進め、当初は監督も務めるのではと言われていたが、最終的にはジョージ・C・ウルフがメガホンをとった。 そしてテンゼル・ワシントンはプロデューサーとしてその名を連ね、結局ネットフリックスが制作することとなった映画『マ・レイニーのブラックボトム』。 この作品は今年のアカデミー賞でも5部門でノ…
コメント:0

続きを読むread more

『リンカーン』 スピルバーグ×ダニエル・デイ=ルイス

スティーヴン・スピルバーグの映画といえばヒット作、それも大ヒット作がいくつもある。 なので僕に近い年代の人にとっては、最も有名な監督かもしれない。 僕が最初に観たのは『ジョーズ』だった。 小学生の頃だ。 父親に連れて行ってもらった。 凄く面白かった。 その後なん作彼の映画を観ただろうか。 スピルバーグといえば、もう巨大ブラ…
コメント:0

続きを読むread more

『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』

アマゾンPrimeVideoで『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』を観た。 原作の”シティハンター”はアニメ化もされている、皆さんご存知の少年ジャンプに連載されていた人気マンガ『シティハンター』(作者:北条司)。 だが、これはれっきとしたフランス映画。 小学生の頃から同マンガの大ファンだったフィリップ・ラ…
コメント:0

続きを読むread more

『野生の呼び声』 ハリソン・フォード

ハリソン・フォード最新作『野生の呼び声』を観た。 長い間ハリソン・フォードのファンなのだが、動物ものの映画があまり好みではなく、これまで観ていなかった。 さらにネコは好きだが、犬は噛まれたことがあるのでとても苦手とくる。 しかし、わりと評判良さげなのだ、これが。 というわけで、観てみることに。 この作品、ハリソン・フォード…
コメント:0

続きを読むread more

『母なる証明』 ポン・ジュノ × ウォンビン

ポン・ジュノ監督の2009年の映画『母なる証明』を観た。 当時からとても評判の高かった映画だ。 僕はこれまで、韓国映画はほとんど観ることがなかった。 しかし、同じポン・ジュノ監督のアカデミー賞作品『パラサイト 半地下の家族』を観て以来興味が出てきている。 僕自身ポン・ジュノ監督作は、『パラサイト 半地下の家族』『殺人の追憶』に次…
コメント:0

続きを読むread more

『すばらしき世界』 役所広司×西川美和

あまり詳細は知らず、評判良さげだし、役所広司と長澤まさみが出演しているからという理由で観に行った映画『すばらしき世界』。 エンドクレジットで、監督が西川美和だということを知った。 彼女の作品で観たことのあるのは、『ゆれる』と『ディア・ドクター』の2作だけなので、西川美和という監督を語るほどの素養は僕にない。 だがそれら2作はどちら…
コメント:0

続きを読むread more

『マルホランド・ドライブ』 デヴィッド・リンチ×ナオミ・ワッツ

実は観たことがなかった『マルホランド・ドライブ』をやっと観た。 監督はデヴィッド・リンチ。 彼の作品の中でも、人気のあるひとつ。 デヴィッド・リンチと言えば、僕個人ではやはりドラマ『ツインピークス』がまず頭に浮かぶ。 それ以前にも『エレファント・マン』や『ブルー・ベルベット』などが話題となっていたので、映画ファンの間…
コメント:0

続きを読むread more

海外ドラマ『ミセス・アメリカ~時代に挑んだ女たち~』1~4話 ケイト・ブランシェット

今日WOWOWつけたら、たまたまドラマが始まるとこだったのでチラッと観たらケイト・ブランシェットが映っていた。 なので何気に観ることにしたら、これが面白くてすっかりハマって4話連続で全て観てしまった。 今日放送されたのは1~4話までで、続きは来週(全9話)。 楽しみだ! 『ミセス・アメリカ~時代に挑んだ女たち~』WOWO…
コメント:0

続きを読むread more

『トランザム7000』 バート・レイノルズ

シリアスな人間ドラマや、社会派作品も好きなのだが、難しいことは考えず楽しく豪快な、ある意味単純なエンターテイメント作品も大好きな僕である。 日々頭を悩ます事象が少なくない昨今。 将来の不安も、実はけっこうある。 老いを感じて、なんだかな~、と頭を抱えることも多くなってきた。 なので、楽しい映画を観て気分よくなりたいと思うことがよ…
コメント:0

続きを読むread more

『JAWS/ジョーズ』 スティーヴン・スピルバーグ×ロイ・シャイダー

ウィキペディアで調べたら日本公開1975年の12月からとなっていた。 なので多分これが、僕が最初に劇場で観た大人向けの映画。 父親に連れて行ってもらった。 それまでは東映まんが祭りだとか、ゴジラなどの怪獣映画は連れってもらったことがあるけど、本格的な映画で記憶に残ってる最古の映画はこの『ジョーズ』。 まだ小学校の低学年だったはず…
コメント:0

続きを読むread more