『マリッジ・ストーリー』観て結婚について考える

NETFLIX製作の映画『マリッジ・ストーリー』を観た。 主演はスカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバー。 幸せだったはずの一組の夫婦が離婚について話し合うことになる。 そんな状況を描いた映画。 ネタバレせずに感想を言うと、 愛情だけじゃないよな結婚って 子どもはかわいよなー 弁護士ってやつ…
コメント:0

続きを読むread more

NETFLIX『監督・出演陣が語るアイリッシュマン』

マーティン・スコセッシが監督を務め、、ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシが出演した話題のネットフリックス制作の映画『アイリッシュマン』を観た。 チャールズ・ブラントによるノンフィクション作『I Heard You Paint Houses』が原作の、実話を基にした物語。 マフィアの大物ラッセル(ジョー・ペシ)…
コメント:0

続きを読むread more

『幸せへのキセキ』 キャメロン・クロウ×マット・デイモン

何度か書いているように、店の名前をその原題から拝借した大好きな映画が『あの頃ペニーレインと』。 その監督と脚本を手掛けたキャメロン・クロウが、監督と共同脚本を務めた2011年の映画『幸せへのキセキ』を今日はご紹介。 主演はマット・デイモン。 彼が演じるのは、半年前に最愛の妻を亡くしたベンジャミン。 突撃レポーター、新聞コラム…
コメント:0

続きを読むread more

クイーン+アダム・ランバート

先ほどWOWOWで2014年のサマーソニックでのクイーン+アダム・ランバートのライヴの模様を放送していた。 何気に観てたらついつい最後まで観てしまった。 当時サマソニのトリとしてクイーン+アダム・ランバートが発表されたとき僕は思った、フレディのいないクイーンもどきの何が良いんだ? というふうに。 昨年、フレディ・マーキュ…
コメント:0

続きを読むread more

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』

ルパン三世の劇場版といえば、宮崎駿監督による『ルパン三世 カリオストロの城』が最も有名。 評価も高い。 確かにこれは傑作だと思う。 だが絶対忘れてはいけないのが、”カリオストロの城”の前年に公開された劇場アニメ第一弾となった『ルパン三世 ルパンVS複製人間』。 これはTV第1シリーズのイメージに近づけた作風で画など含め大人向けの…
コメント:0

続きを読むread more

キース・リチャーズ ~禁煙バーだけどキース大好きなんです!

14歳の時からずっとローリング・ストーンズの虜だ。 他にも大好きなアーティストはいるが、僕にとってストーンズは特別な存在。 彼らのせいですっかり人生が狂ってしまった、 とまで言うと大袈裟過ぎるかもしれないが。 いや、そんなことはないぞ、マジで。 彼らとの出会いがなければ、また違った人生になってたかもしれない。 なので、店…
コメント:0

続きを読むread more

『ソウル・キッチン』

料理を題材とした映画はよくありますが、僕が観たことのある作品に関してはどれも元気を与えてくれるものでした。 そんな中から今日は、2009年のドイツ映画である『ソウル・キッチン』をご紹介。 主人公ジノスは、レストラン“ソウル・キッチン”のオーナー・シェフ。 レストランは儲からず、税金も払えない状況だ。 さらに、愛する恋人が仕事…
コメント:0

続きを読むread more

『RED』 ブルース・ウィリス ~楽しい映画が好きだ!

日本でも予想外の大ヒットとなっている『ジョーカー』。 見応えのある素晴らしい作品だったと思います。 主演のホアキン・フェニックスの演技は鳥肌ものでした。 『ダークナイト』でJOKERを演じたヒース・レジャーと双璧をなす演技だったのではないでしょうか。 この映画が素晴らしいというのは多くの人が感じたことだと思いますが、…
コメント:0

続きを読むread more

『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』 ケビン・コスナー

ケヴィン・コスナーはいくつかの野球映画に主演している。 公開順にあげると、『さよならゲーム』(1988年)、『フィールド・オブ・ドリームス』(1989年)、『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』(1999年)。 どれも素敵な映画だ。   この中から今日は『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』を採り上げたいと思います。 ちょっとこれは、映画そのものとは…
コメント:0

続きを読むread more

『ゾンビランド』

好きな映画である『ゾンビランド』(2009年)の続編となる『ゾンビランド:ダブルタップ』の公開が近づいてきました。 そこで今日は、振り返る意味で『ゾンビランド』を採り上げてみたいと思います。 基本的に僕は、"ゾンビもの"は観ない。 子どもの頃リアルタイムで観た映画『ゾンビ』は怖かったし、面白い映画で好きだった。 …
コメント:0

続きを読むread more

海外ドラマ『アリー my Love』 Larry as ロバート・ダウニー・Jr

前回、音楽映画ベスト10というものを選んでみましたが、ドラマでも音楽の使い方が素敵な作品がたくさんあります。 その中から今日は、大好きだったドラマ『アリー my Love』を採り上げたいと思います。 これは当時地上波のNHKでも放送されていたので、観たことのある人は多いんじゃないでしょうか。 海外のドラマは、どれも音楽の使い方…
コメント:0

続きを読むread more

音楽映画ベスト10

映画も音楽も大好きなので、当然ながら音楽映画に魅かれる。 なので今回は、またいつものように勝手ながら音楽映画の、僕の独断と偏見によるベスト・テンを紹介したいと思います。 よろしければお付き合いください。 ところで音楽映画の定義ですが、今回のランキングに際しては、音楽を題材にしたもの、もしくは音楽がないと作品として成り立たないも…
コメント:0

続きを読むread more

『キング・オブ・コメディ』 マーティン・スコセッシ×ロバート・デ・ニーロ

映画『ジョーカー』の下敷きになった作品として、『タクシー・ドライバー』と『キング・オブ・コメディ』が挙げられている。 どちらも監督がマーティン・スコセッシで主演はロバート・デ・ニーロ。 『タクシー・ドライバー』はかなり大好きな映画だが、『キング・オブ・コメディ』は観たことがなかった。 『ジョーカー』が良かったので、ぜひ『キング・オ…
コメント:0

続きを読むread more

サントラ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

タランティーノ最新作で、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが出演ということで大きな話題となった映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。 2時間半を超える作品だが長さは感じなかった。 タランティーノらしく今作も作家性が強く出ているので、普段あまり映画を観なかった人にはどうだったんだろうかとは思うが、映画好きな人に…
コメント:0

続きを読むread more

JOKER ”人生は悲劇だ。クローズアップで撮れば。でもロング・ショットで撮れば喜劇になる。” /チャーリー・チャ…

前回は映画『ジョーカー』についてネタバレなしで書いた。 その中で、『ジョーカー』のパンフレットに町山智浩が寄稿していた文章の中で、チャップリンが言った ”人生は悲劇だ。クローズアップで撮れば。でもロング・ショットで撮れば喜劇になる。” という言葉を引用してるということに触れた。 今日はその ”人生は悲劇だ。クローズアップで撮…
コメント:0

続きを読むread more

『ジョーカー』【ネタバレなし】

予告編でグッと胸を鷲づかみにされ、実に久し振りに公開初日に観に行った『ジョーカー』。 前評判通り、衝撃的な作品だった。 ホアキン・フェニックスの演技は前評判以上の素晴らしさ。 凄かった! 良いとか悪いとかではなく、本当に凄かった!! これまでバットマンのシリーズを一作も観ていなくても、映画の本質は十分理解し楽しめる…
コメント:0

続きを読むread more

映画『ジョーカー』のポスター買った!

もうすぐ公開される『ジョーカー』が楽しみで仕方がない。 予告編でグッときてしまった。 色んな種類のプロモーション用のポスターがネット上に散見する。 公開が近づきその種類がさらに増えてきた。 中でも僕が一番気に入ったのは、 これ↑ 是非とも手に入れて、店に飾りたいなと思ったのだが、よく行くポスター屋…
コメント:0

続きを読むread more

『シャイン・ア・ライト』 ローリング・ストーンズ×マーティン・スコセッシ

僕は映画と同じく音楽も大好きで、中でもこよなく愛しているのがローリング・ストーンズ。 店内には、そのストーンズのポスターも飾ってある。 これは、マーティン・スコセッシが監督をしたストーンズのライヴ映画『シャイン・ア・ライト』。 2006年にニューヨークのビーコン・シアターで行われたライヴの模様が描かれている。 なので…
コメント:0

続きを読むread more

『ミッドナイト・ラン』 ロバート・デ・ニーロ

『ジョーカー』が早く観たくてたまらない今日のこの頃であります。 なので今回も前回に引き続き『ジョーカー』絡みで、同映画に出演しているロバート・デ・ニーロの出演作の中から、僕が特に好きな作品のひとつを紹介したいと思います。 ロバート・デ・ニーロといえば、名演の数々が思い浮かびます。 中でも特筆すべきものは『ゴッドファーザー PA…
コメント:0

続きを読むread more

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』

10月4日に日米同時公開される、ホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』が無茶苦茶楽しみだ。 予告編観ただけで、胸を打たれた。 前評判もすごく良いみたいだ。 ほんと楽しみ、早く観たい! さて、その『ジョーカー』であるが、監督を務めるのはトッド・フィリップス。 そう、あの”ハングオーバー・シリーズ”を手掛けた人物で…
コメント:0

続きを読むread more