海外ドラマ『TRUE DETECTIVE』シーズン3  マハーシャラ・アリ

以前『TRUE DETECTIVE』のシーズン1について書いたが、今日はシーズン3について。 このドラマはシーズン1,2,3 ともそれぞれ独立した物語で登場人物も違う。 シーズン3の主演は、『グリーンブック』『ムーンライト』でアカデミー賞助演男優賞を獲っているマハーシャラ・アリ。 相棒役にはスティーヴン・ドーフ。 シーズ…
コメント:0

続きを読むread more

『ウインド・リバー』 ジェレミー・レナー

Amazonプライムで『ウインド・リバー』を観た。 (NETFLIXでも観れます) 主演はジェレミー・レナーとエリザベス・オルセン。 監督(及び脚本)は、『ボーダー・ライン』シリーズや『最後の追跡』で脚本を手掛けた、テイラー・シェリダン。 ミステリーであり、ヒューマンドラマでもあるこの作品。 またアメリカ的な物語だなとも思…
コメント:0

続きを読むread more

硝子体手術 網膜剥離とうつぶせ入院生活

最初の異変は、 カウンターに小さな虫発見! と思ったら、違った。 あれ? という具合だった。 店を閉め家に帰った時、ふと右目の片隅に長い蜘蛛の足のようなものが。 ビックリした僕は、慌ててそれを払いのける。 しかし状況は変わらない。 恐る恐る鏡の前に向かう。 その時の僕は、髪の毛に大きな蜘蛛がいることを想定している。…
コメント:0

続きを読むread more

『ジョジョ・ラビット』

先日劇場で『ジョジョ・ラビット』を観てきた。 公開開始直後からネットなどで評判が良かったのだが、僕が行った劇場は日曜日に関わらず場内はガラガラ。 少し前に観に行った、同じ会場での『パラサイト 半地下の家族』はまずまずの盛況ぶりだったのに。 『パラサイト 半地下の家族』はカンヌでの受賞、その後日本で公開されるまで日があったので、…
コメント:0

続きを読むread more

『ファースト・マン』 デイミアン・チャゼル×ライアン・ゴズリング

アポロ11号で、人類史上初めて月に降り立ったニール・アームストロング船長の内面に迫った映画。 アームストロングを演じるのは、ライアン・ゴズリング。 監督はデイミアン・チャゼル。 そう、『セッション』や『ラ・ラ・ランド』の監督である。 『セッション』と『ラ・ラ・ランド』も随分趣向の違う作品だが、今作もまた一味違うものになっている。…
コメント:0

続きを読むread more

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』タランティーノ×ディカプリオ×ブラッド・ピット

以前『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の素晴らし過ぎるサントラについて書きましたが、今日は映画そのものについて書こうと思います。 監督クエンティン・タランティーノ、出演レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー。 ディカプリオとブラッド・ピットが素晴らしいのはもちろんだが、シャロン・テート役を演…
コメント:0

続きを読むread more

『ソーシャル・ネットワーク』

1月10日、今日は”えべっさん”本えびすの日。 えべっさん、と言えば商売の神様。 去年、商売の神様は僕のもとには来てくれなかった。 さて、今年2020年は? まだ始まったばかりの2020年ではあるが、今のところ来る気配はない。 困った。 ほんとに、困った。。 ここからは、楽しい映画の話。 フェイスブックを作っ…
コメント:0

続きを読むread more

『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』 マーゴット・ロビー

タランティーノが監督し、ディカプリオとブラッド・ピットが出演した『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。 この映画で僕が最も好きなシーンが、シャロン・テートが自身の出演する映画を劇場に観に行き、観客たちの好反応を見て喜ぶシーン。 彼女、ムッチャ素敵な笑顔を魅せるんです。 そのシャロン・テートを演じたのがマーゴット・ロビー…
コメント:0

続きを読むread more

『七つの会議』

一昨日WOWOWで映画『七つの会議』を観た。 主演は野村萬斎。 狂言師でもある彼ならではの、舞台っぽいセリフ回しがこの役によくマッチしていたように思えた(わざとしてるんだろうけど)。 原作は半沢直樹シリーズや下町ロケットシリーズ等の池井戸潤による小説『七つの会議』。 その他の俳優陣も、香川照之を筆頭に、及川光博・片岡愛之助・朝倉…
コメント:0

続きを読むread more

『バイス』

久々にTSUTAYAに行った。 Tポイントカード更新のため。 そしてレンタル1本無料だったので、これまた久々にDVDをレンタル。 借りたのは、気になりながらもまだ観てなかった『バイス』。 ジョージ・W・ブッシュ政権の時の副大統領だったディック・チェイニーを描いた、実話を基にした物語。 タイトルの”バイス”は、バイス・プレジデン…
コメント:0

続きを読むread more

海外ドラマ『TRUE DETECTIVE』シーズン1

先日お客さんに海外ドラマの『トゥルー・ディテクティブ』というドラマを勧められた。 シーズン1だけでも是非! ということだった。 シーズン3まであるようだが、それぞれ登場人物が違うようで、同じタイトルながらシーズンが違えば別物と考えていいのかもしれない。 アメリカ的だと言っていたのと、マシュー・マコノヒーが主演だということにも魅か…
コメント:0

続きを読むread more

『セルラー』 キム・ベイシンガー×クリス・エバンス

以前『アイアンマン』のトニー・スターク役のロバート・ダウニー・JRが、海外ドラマの『アリー my Love』に出演していたという内容のものを書いたと思いますが、今日は同じくMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品『キャプテン・アメリカ』のクリス・エヴァンスが出演していた2004年の『セルラー』という映画をご紹介。 主演は…
コメント:0

続きを読むread more

『バタフライ・エフェクト』

前回『天使のくれた時間』という、別の世界でこれまでと違う人生を送るというストーリーの映画について書きましたが、今回の映画も少し似た部分がある。 今日紹介する映画『バタフライ・エフェクト』は、主人公(アシュトン・カッチャー)が自らが書いた日記をもとに過去へと戻ることが出来るという話。 その能力を使い、過去を変えることで、現在を変え…
コメント:0

続きを読むread more

『天使のくれた時間』

季節がら店内でクリスマス関連の映画を流すことがよくある。 そんな映画の中から、今日は『天使のくれた時間』(2004年)という、ニコラス・ケイジ主演の作品をご紹介。 ニコラス・ケイジ演じる主人公ジャックは、ビジネスで大成功を収め優雅な独身生活を営んでいる。 そんな彼がクリスマスの夜に、ドン・チードル演じる青年に出会ったこ…
コメント:0

続きを読むread more

『私をスキーに連れてって』

これでも12月か!? と思うくらい昼間はまだ暖かいですが、朝晩はさすがに寒い今日この頃。 皆さんお風邪を召したりはされてないでしょうか? 僕は今のところ元気ですが、ひと冬に一度くらいはかかってしまいます。 嫌です。 毎日健康で元気にいたいものです。 でも、そうもいかないんですよね~、これが。 ほんと、嫌ですわー とい…
コメント:0

続きを読むread more

『マリッジ・ストーリー』観て結婚について考える

NETFLIX製作の映画『マリッジ・ストーリー』を観た。 主演はスカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバー。 幸せだったはずの一組の夫婦が離婚について話し合うことになる。 そんな状況を描いた映画。 ネタバレせずに感想を言うと、 愛情だけじゃないよな結婚って 子どもはかわいよなー 弁護士ってやつ…
コメント:0

続きを読むread more

NETFLIX『監督・出演陣が語るアイリッシュマン』

マーティン・スコセッシが監督を務め、、ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシが出演した話題のネットフリックス制作の映画『アイリッシュマン』を観た。 チャールズ・ブラントによるノンフィクション作『I Heard You Paint Houses』が原作の、実話を基にした物語。 マフィアの大物ラッセル(ジョー・ペシ)…
コメント:0

続きを読むread more

『幸せへのキセキ』 キャメロン・クロウ×マット・デイモン

何度か書いているように、店の名前をその原題から拝借した大好きな映画が『あの頃ペニーレインと』。 その監督と脚本を手掛けたキャメロン・クロウが、監督と共同脚本を務めた2011年の映画『幸せへのキセキ』を今日はご紹介。 主演はマット・デイモン。 彼が演じるのは、半年前に最愛の妻を亡くしたベンジャミン。 突撃レポーター、新聞コラム…
コメント:0

続きを読むread more

クイーン+アダム・ランバート

先ほどWOWOWで2014年のサマーソニックでのクイーン+アダム・ランバートのライヴの模様を放送していた。 何気に観てたらついつい最後まで観てしまった。 当時サマソニのトリとしてクイーン+アダム・ランバートが発表されたとき僕は思った、フレディのいないクイーンもどきの何が良いんだ? というふうに。 昨年、フレディ・マーキュ…
コメント:0

続きを読むread more

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』

ルパン三世の劇場版といえば、宮崎駿監督による『ルパン三世 カリオストロの城』が最も有名。 評価も高い。 確かにこれは傑作だと思う。 だが絶対忘れてはいけないのが、”カリオストロの城”の前年に公開された劇場アニメ第一弾となった『ルパン三世 ルパンVS複製人間』。 これはTV第1シリーズのイメージに近づけた作風で画など含め大人向けの…
コメント:0

続きを読むread more