『ANNA/アナ』 リュック・ベッソン

肩甲骨の辺りから、首~腕にかけてが痛い。 かなり前から痛みがあったのだが、それが昨日の朝からより激しい痛みに。 耐えきれず病院に行って痛み止めの注射を打ってもらう。 治らなければ検査だとのこと。 ヘルニアかも。 多分そうなんだろうな。 今日も痛いです。。 さて、リュック・ベッソン監督による映画『ANNA/アナ』…
コメント:0

続きを読むread more

『15年後のラブソング』 イーサン・ホーク

イーサン・ホーク出演の映画『15年後のラブソング』を観た。 過去に映画化されている『アバウト・ア・ボーイ』『ハイ・フィデリティ』を書いた作家ニック・ホーンビィの同名小説が原作。 小説も映画も原題は『Juliet, Naked』。 『15年後のラブソング』という邦題は、ちょっといかがなものかと僕は思っている。 イーサン…
コメント:0

続きを読むread more

オススメ音楽映画『セッション』 デイミアン・チャゼル

僕にとって、新作が楽しみでたまらないという監督は、海外だとデヴィッド・フィンチャー、そしてクリント・イーストウッドであるのだが、ここにきてもう一人加わった。 それはデイミアン・チャゼル。 『セッション』『ラ・ラ・ランド』と音楽映画の名作を生み出した後、それら2作とはすっかり趣向の違う、 アポロ11号で人類史上初めて月に降り立っ…
コメント:0

続きを読むread more

『フォードvsフェラーリ』 マット・デイモン クリスチャン・ベール

やっと観た『フォードvsフェラーリ』(2019年)。 軽い気持ちで観始めたのだが、予想を超える面白さ。 僕が好きなタイプの映画だった。 全てがハッピーというわけではないが、肯定的な気持ちになれる作品。 基本ネガティヴ思考な僕は、コロナ禍の影響もあり最近特に暗黒面が心の大部分を覆っている。 なので人生を、生きることを肯定的に捉え…
コメント:0

続きを読むread more

映画『キャプテン・フィリップス』 トム・ハンクス

今日はトム・ハンクス主演のオススメ映画『キャプテン・フィリップス』について書こうと思います。 これは、とても大好きな作品で、先日YOUTUBEチャンネル(まだまだですがやってます、よろしくお願いします)にアップしたトム・ハンクス出演映画ベストテン(勝手ながら選んでみました)でもトップ3のうちの一作としてセレクトしました。 …
コメント:0

続きを読むread more

『スプラッシュ』 トム・ハンクス

僕が初めて観たトム・ハンクス出演作は、1984年に公開された『スプラッシュ』。 監督はロン・ハワード(『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞監督賞受賞)。 トム・ハンクス作品では後に『アポロ13』も監督している。 これはトム・ハンクスにとって最初のヒット作。 僕はこの映画が今でも大好きだ。 泳げないアランは…
コメント:0

続きを読むread more

『ロスト・バケーション』 ブレイク・ライヴリー

なんか心身ともに疲れちゃったな、などと思い砂糖入りの抹茶ラテを飲みながら『ロスト・バケーション』を観る。 好きな映画。 主演のブレイク・ライヴリーが素敵なのです。 いわゆるジョーズものとでも言おうか、巨大サメが人を襲うというやつ。 なんとか逃げ延びた岩礁、しかし潮が満ちると海の下にその姿は消えてしまう。 さぁ、どうする!?…
コメント:0

続きを読むread more

オススメ音楽映画『オーケストラ!』

先日YouTubeチャンネルにアップした、僕の独断と偏見による音楽映画ベスト10で第3位にセレクトした作品『オーケストラ!』について、今日は書きたいと思います。 2009年のフランス映画であるこの作品、監督はラデュ・ミヘイレアニュ、主役のアンドレイを演じてるのはアレクセイ・グシュコブ。 かつては天才と呼ばれ、…
コメント:0

続きを読むread more

『ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-』スティーヴィン・ソダーバーグ

Netflixオリジナル映画『ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-』を観た。 監督は、『セックスと嘘とビデオテープ』、『トラフィック』、『コンテイジョン』、『オーシャンズ』シリーズ等で知られるスティーブン・ソダーバーグ。 2016年、パナマの法律事務所サック・フォンセカの、タックスヘイブンなどを利用した租税回避行為に関する一連…
コメント:0

続きを読むread more

『トゥルー・グリット』 コーエン兄弟×ジェフ・ブリッジス マット・デイモン

何気に、『トゥルー・グリット』を観た。 実に久々。 なんでだろうか? 西部劇観たかったのかな?? 自分で自分のことがよく分かってないのは昔からだが。 監督・脚本などは、映画ファンにはおなじみのコーエン兄弟の2010年の作品(1969年のジョン・ウェイン主演による『勇気ある追跡』のリメイク)。 アカデミー賞では作品賞など1…
コメント:0

続きを読むread more

『TENET テネット』観た!(ネタバレなし)

『TENET テネット』観ました! すでに2回。 ネタバレなしで(あまり詳しく内容には触れません)、『テネット』に関して思うことを書きたいと思います。 クリストファー・ノーランの新作ということで世界中の映画ファン同様、公開を楽しみに待っていた。 店内にもずっとチラシを飾っていたくらいだ。 そんな僕だが、公開…
コメント:0

続きを読むread more

『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』ケイシー・アフレック ルーニー・マーラ

WOWOWオンデマンドで『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』を観た。 A24配給の2017年の作品。 ルーニー・マーラが出てるので観た、という感じではあるが、結論から言うと良い映画でした。 ゴースト、つまり幽霊の話なのだが、 人生って… という内容。 ピント外れかもしれないが、僕は『火の鳥』(手塚…
コメント:0

続きを読むread more

『インターステラー』クリストファー・ノーラン×マシュー・マコノヒー

新作『TENET テネット』が公開間近のクリストファー・ノーラン監督による2014年の作品『インターステラー』。 ”ブラック・ホール” ”5次元” ”ワームホール” ”相対性理論” ”特異点”などの科学的な用語が飛び交うSF作品。 だがその実態は愛の物語。 愛の力の強さを高らかに謳いあげた物語だ。 異常気象によりもは…
コメント:0

続きを読むread more

胃カメラと嘔吐反射 ~人間ドックに行ってきた(すぐオエっとなる<えずく>のです)。。

人間ドックに行ってきた。 50代である、検査は重要だ。 難関は胃カメラ(上部消化管内視鏡)。 嘔吐反射が激しく、すぐにオエっとなる(関西の人はえずくと言います)ので当然ながら鎮静剤使用。 なのだが前回(2年前)に胃カメラの検査をした際、途中で覚醒。 オエ・オエっとえずきまくり、看護師さんに身体を抑えられる始末。 苦しかった。…
コメント:0

続きを読むread more

『バーニング 劇場版』 監督:イ・チャンドン 原作:村上春樹

映画『バーニング 劇場版』を観た。 原作は村上春樹の短編小説『納屋を焼く』。 監督はイ・チャンドン(『オアシス』『『ポエトリー アグネスの詩』等)。 タイトルに劇場版とあるのは、この作品にはテレビ版があるため。 テレビ版は148分ある劇場版を95分に編集したもので、日本で劇場版が公開される前にNHKで放送された。 …
コメント:0

続きを読むread more

『インサイダー』 アル・パチーノ ラッセル・クロウ

以前アル・パチーノ出演のオススメ映画ベスト5を書きましたが、その中でセレクトした『インサイダー』を今日は採り上げたいと思います。 マイケル・マンが監督を務めた1999年の作品。 主演はアル・パチーノとラッセル・クロウ。 タバコ産業の不正を告発したTVプロデューサーとタバコ産業の元重役を描いた、実話を基にした物語。 …
コメント:0

続きを読むread more

『探偵はBARにいる』 大泉洋 松田龍平

大阪の心斎橋/南船場でバーをやっているので、 というわけでもないですが今日はBAR関連の映画『探偵はBARにいる』について。 大泉洋と松田龍平のコンビによる探偵もの。 シリーズ化されており、これまで3作が公開されている。 今回はまずシリーズ第一作について。 主人公の探偵(大泉洋)は札幌のススキノのバー『ケラーオオーハタ…
コメント:0

続きを読むread more

『フェノミナン』 ジョン・トラボルタ ~「チェンジ・ザ・ワールド」は良い曲!

エリック・クラプトンが歌って大ヒットした「チェンジ・ザ・ワールド」は日本でもヒットし有名だが、この曲が用いられた映画『フェノミナン』はあまり知られてない。 いい映画だと思うんだけどな~ もちろん「チェンジ・ザ・ワールド」は良い曲! 1996年のアメリカ映画『フェノミナン』。 監督は『クール・ランニング』や『あなたが寝…
コメント:0

続きを読むread more

『クライマーズ・ハイ』 堤真一 堺雅人

長い梅雨がやっと開けたら、灼熱の夏がやってきた。 暑い日々が毎日続いています。 夏は暑いもの、それは仕方がない。 でもしかし、暑い夏には楽しく開放的な気分もついてきました。 例年ならば。 だが今年は新型コロナウイルスの影響が世界を覆い、とても楽しく開放的とはいえない。 夏よいずこへ … 今日は1985年の夏を描いた…
コメント:0

続きを読むread more

『ナイロビの蜂』 レイチェル・ワイズ レイフ・ファインズ 

ナイロビに駐在するイギリス外交官ジャスティン(レイフ・ファインズ)は、妻テッサ(レイチェル・ワイズ)が殺されたたことを知る。 死に至る経緯には謎が多い。 ジャスティンは、その謎を追求する。 そこから見えてくるのは人の命を軽んじる、企業(製薬会社)の陰謀。 そして、それに加担するイギリス政府。 テッサが殺された理由は・・・・…
コメント:0

続きを読むread more