『ミリオンダラー・ベイビー』

先日WOWOWだったかスカパーだったか忘れたけど『ミリオンダラー・ベイビー』を放送していたのでつい観てしまいました。
当時アカデミー賞作品賞など主要4部門を受賞した、クリント・イーストウッド監督・主演映画。
ボクサー役の主演女優はヒラリー・スワンク(今作でアカデミー賞主演女優賞獲得)。
脚本はポール・ハギス。



劇場で観たのか、レンタルして観たのかもう忘れましたが、当時この映画を観て、とても良い映画だと思いました。
しかし終盤の件は好きにはなれませんでした。
基本的に僕はハッピーエンドが好きなのです。
なので、その後この映画を観る機会はなかったのですが、何故か今回はつい観てしまいました。
やはり間違いなく良い映画だと思います。
どんどん惹きこまれていきます。

しかし、色んな解釈、色んな考え、感じ方があると思いますが、終盤の話はやっぱり辛かった。

クリント・イーストウッドが作る映画は、いつも琴線に触れてしまいます。

そんな作品を作り続ける、クリント・イーストウッドの人間性にとても興味があります。
それほど、彼の作品には深く繊細な人間らしさが刻まれてると思うからです。

彼は映画史上に残る名監督の一人だと思います。


新作『運び屋』も楽しみ。




試写会申し込んだけど、残念ながらハズレてしまいました。。


画像




大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック