『マネーボール』

メジャーリーグで活躍する大谷翔平(エンゼルス)が本拠地では今季初となるホームランを打ったからではないが、今日はアメリカの野球映画『マネーボール』について。




ブラッド・ピットが、プロ野球メジャーリーグのオークランド・アスレチックスのビリー・ビーンGMを演じる、事実に基づいた物語。

アスレチックスは資金の乏しい球団だったため、どうしても資金豊富な強豪チームに敵わない。
そこでビーンは、セイバーメトリックスという分析手法を採り入れ、大きな資金を使わずして効率の良い選手を獲得し、アスレチックスを強豪チームへと変貌させていく。
セイバーメトリックスでは、これまで重要とされてなかった項目の数値データに着目している。
例えば打者だと、それまでは打率や打点などのデータが重要視されてきたが、セイバーメトリックス的な視点だと、出塁率や長打率をより重要に考える。
なので打率は低くても、四球が多く出塁率の高い選手は有能だという評価になる。
そしてそのような選手は、打率が低いということで年棒が低く評価も低い為、高い金を使わずして他チームから引き抜くことが出来る。




彼の理論はその後の野球を大きく変えた。

批判に立ち向かいながら、自らの信じる方法で道を切り開いていくブラッド・ピットが凄くカッコイイ!

ただ、効率を考えビジネスライクに選手を売り買いしていく手法や、あまりにデータ至上主義で、正直僕は好きになれない部分もある。
そんな野球面白いか!?
みたいなことだ。
単に僕が保守的なだけかもしれないが。

賛否はともかく、映画は面白いです。

野球に詳しいにこしたことはないが、そうでなくても楽しめる作品。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マネーボール【Blu-ray】 [ ジョナ・ヒル ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2019/5/19時点)





結果この手法が大成功したことで、チームは一気に強豪球団となる。
しかしその後、他球団もセイバーメトリックスを採り入れ始める。
莫大な資本を持つ金持ち球団も同じ手法を採り入れたら、結局貧乏球団はまた勝てなくなってしまう現実。。

またセイバーメトリックスも時を経て、現代はさらに進化しており、当初と比べ指標となる項目も変化しているようだ。


ブラッド・ピットがいい味出してるので、彼のファンで未見の方は是非とも!!








大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック