『幸せへのキセキ』 キャメロン・クロウ×マット・デイモン

何度か書いているように、店の名前をその原題から拝借した大好きな映画が『あの頃ペニーレインと』。
その監督と脚本を手掛けたキャメロン・クロウが、監督と共同脚本を務めた2011年の映画『幸せへのキセキ』を今日はご紹介。

主演はマット・デイモン。
彼が演じるのは、半年前に最愛の妻を亡くしたベンジャミン。
突撃レポーター、新聞コラムニストの仕事は頭打ち、反抗期の息子とはいい関係が作れない。
そこで彼は、妻との想い出が詰まった町を離れ、新しい土地で生活を始めようと決意する。
そんな彼が購入したのは、郊外の丘の上に立つ理想の家。
ところが、その物件はなんと閉鎖中の動物園付きだった。

思い切って、動物園の再オープンというアドベンチャーに立ち向かうことにしたベンジャミン。
しかし、困難は絶えない。



ベンジャミンの娘役の子がすごくかわいい。
スカーレット・ヨハンソン演じる飼育員ケリーの妹役を演じるエル・ファニングも素敵だ。
スカーレット・ヨハンソンは言わずもがな。
『あの頃ペニーレインと』で主人公のウィリアムを演じたパトリック・フュジットも飼育員の一人として出演している。
またベンジャミンの兄役で、『サイドウェイ』のトーマス・ヘイデン・チャーチも出演。

IMG_9130.jpg

実話を基にしたこの映画、物語としては特別なことはない。
ありきたりといえば、ありきたりだ。
しかし監督はキャメロン・クロウ。
その描き方が(音楽の使い方も含め)、僕の琴線に触れてくる。

僕はキャメロン・クロウの映画が好きなのだが、その大きな理由は青臭い少年性を感じさせてくれるところ。
彼の作品のそういう部分につい共鳴してしまう。
またその描き方は、音楽ファンならではの感性が著しく影響していると、大の音楽ファンの僕は思っている。


"20秒の勇気を”


大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント