NETFLIX『監督・出演陣が語るアイリッシュマン』

マーティン・スコセッシが監督を務め、、ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシが出演した話題のネットフリックス制作の映画『アイリッシュマン』を観た。

チャールズ・ブラントによるノンフィクション作『I Heard You Paint Houses』が原作の、実話を基にした物語。

マフィアの大物ラッセル(ジョー・ペシ)に使われていた全米トラック運転組合員だったフランク・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)が過去を回想するという形式で物語は進行していく。



全米トラック運転組合の委員長ジミー・ホッファ(アル・パチーノ)のもとで働くことになったフランク。
2人は絆を深めつつあった。
しかしジミーの強引過ぎるやり方に闇の勢力が眉をひそめだす。
そして、ジミーとラッセルの間で板挟みになるフランク。

約3時間半にわたる大作。
見応えたっぷりの重厚な作品だ。
一部劇場でも公開されてるが、僕はNETFLIXで鑑賞。
長いと時間がなかなか取れず劇場の時間に合わせるのが難しい。
それと長時間なので、トイレとか休憩とかの時間が自由に取れるNETFLIXを選んだ。

3人の大物俳優のぶつかり合いの演技は凄まじいものがあった。
それをまとめたマーティン・スコセッシ。
凄い人だ。

それにしてもジョー・ペシ、怖かった。
『リーサル・ウェポン』の頃が嘘のようだ。



『グッドフェローズ』の時だって、ちょっとは可愛げがあった。



で映画『アイリッシュマン』だが、もちろん必見の作品。
そして、これを観たなら是非とも続けて同じくNETFLIXで配信されてる『監督・出演陣が語るアイリッシュマン』も観ていただきたい。

マーティン・スコセッシ、ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシが一堂に会し今回の仕事についてのことなどを話すという内容。
これがなかなか面白い。
アル・パチーノが、
二人の出会いは?
と、デ・ニーロとスコセッシの出会いを(この二人は少年時代からの友達)訊ねるところから映像は始まる。

IMG_9160.jpg

『アイリッシュマン』は、長い年月の物語なため若いときから晩年までを同じ役者が演ずる。
なのでCGを使って年齢差を映像処理している。
そんなCGについての話や、映画製作に関する話などとても興味深い。
この豪華なメンバーによる映画にまつわる話。
映画ファンならとても楽しめるはず。

なのでこれ、
何卒お見逃しなく!!



大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント