『リチャード・ジュエル』 クリントイースト・ウッド監督

クリント・イーストウッド監督作品のファンなんだけど、劇場公開見逃してしまった『リチャード・ジュエル』を昨日レンタルで観た。
これは1996年に実際の起こった爆弾事件を基にした映画。
このところ実話ものが続くクリント・イーストウッド。
前作の『運び屋』も良かった。
しかし今作は前作のような軽快さはなく、またカタルシスもないまま淡々と物語は進む。
それでも、最後まで見続けさせるのがイーストウッド監督の素晴らしき手腕であると思う。



アメリカで実際に起こった事件を基にしているので、主人公のリチャード・ジュエルが無実なのを分かって観ているが、それでも彼に対して感情移入しにくい描き方をしている。
これがこの映画のひとつの妙。

主人公リチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)は、公園でのライヴの警備中に爆弾を発見。
大惨事になるのを防ぎ、英雄としてマスコミで大きく採りあげられる。
しかし数日後、彼をFBIが爆弾犯の容疑者として捜査していることを地元紙が報じる。
それを機に彼の立場は一転。
FBIの強引な操作、加熱するマスコミ。
そこでリチャードの弁護人となるのが旧知のワトソン(サム・ロックウェル)。



ポール・ウォルター・ハウザーによるリチャードのダメっぷりがなかなか見事である。
サム・ロックウェルは物語に安心感を与える。
安心感という言葉使いは適切ではないかもしれない、なんて言えばいいんだろう?
登場人物の中で、一番感情移入しやすいキャラクターともいえる。
また、リチャードの母親役であるキャシー・ベイツの演技が素晴らしい。


『リチャード・ジュエル』[Blu-ray] amazon
『リチャード・ジュエル』[Prime Video] amazon

しかし何といっても特筆すべきはクリント・イーストウッド監督である。
年齢で作品について語るのは間違いだと思うが、つい触れたくなる。
クリント・イーストウッドは間もなく90歳になる。
でも今現役で、彼のレベルと同等にいる監督が何人いるだろうか。
そう多くはないと僕は思っている。
彼の何が凄いんだろう?
僕はクリエイターではないので具体的な指摘ができないけど、最後までのめり込ませる観せ方、そして観た後心に残る引っかき傷、これはイーストウッドならではだと思う。

最初の出会いは主演作であるテレビで観た『ダーティハリー』。
もちろん山田康雄吹替え版。
あれからずいぶん時を経て、今は彼の監督作品を楽しみにいくつも観ている。
ちょっと年月を感じることがある。



さてこの『リチャード・ジュエル』だが、実は問題になっていることがある。
映画では、オリビア・ワイルド演じるアトランタ・ジャーナル紙の女性記者キャシー・スクラッグスがセックスと引き換えにFBIから情報を引き出す描写がある。
彼女も実在の記者(故人)なのだが、アトランタ・ジャーナル側はこの描写を事実と異なるとして、抗議。
ネット上ではこの映画に対するボイコット運動なども起こった。
セックスと引き換えに特ダネを手にしたという件は、どうやら制作側がキャシー・スクラッグスのイメージから想像したストーリーのようである。
この映画は、
主人公リチャード・ジュエルがその容姿や経歴や置かれてる状況などから勝手なイメージを作られ、それを理由に容疑者とされていったことを否定する内容。
なのに、このやり方は作品の趣旨からすると矛盾するものだと正直思ってしまう。

ちょっと最後に嫌なことを書いてしまったが、当時話題となった話なのでやはり少し触れました。

映画そのものについては、クリント・イーストウッドが世界有数の監督であるということを示す逸品。
まだまだ彼の作品を観続けたいです!

大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント