『ナイブズ・アウト』 ダニエル・クレイグ クリス・エヴァンス

またもや新型コロナウイルス感染者が増えてきて、すっかり店の中は閑古鳥が鳴いております(最近はこんな言い方しないのかな?)。。
気分が滅入るようなニュースも多く、気分が冴えません。
そこでお酒でも飲みながら、楽しめる映画でもと思い、ネットフリックスで、
『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』を観た。

ナイブズ・アウト.jpg

公開が延期された『007』シリーズ最新作が楽しみなダニエル・クレイグが主人公の探偵役を演じるこの映画。
共演には、『キャプテン・アメリカ』のクリス・エヴァンスや、『ヘレディタリー/継承』のトニ・コレットなど。
また僕の世代的には、当時大人気だったドラマ『マイアミ・ヴァイス』の主人公役だった、ドン・ジョンソンも出演。

監督・脚本は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(エピソード8)のライアン・ジョンソン。
スターウォーズ・ファンの間では、どちらかというと低い評価をされがちな彼でありますが、そんな方にもそこは忘れて『ナイブズ・アウト』にトライして欲しいところです。
やっぱり”スター・ウォーズ”って難しいと思う。
しっかりと形が(それもかなりの高いレベルで)出来上がっているところに、途中から入っていくのだから。
(個人的には、すべてジョージ・ルーカスでやるべきだったと思っています)



成功した小説家ハーランの、親族を招いて行われた85歳の誕生日パーティーの夜、彼が自殺する。
聴取に訪れた警察と一緒に彼の邸宅に訪れたのは、有名な私立探偵のブノア・ブラン(ダニエル・クレイグ)。
ハーランと親族の間には、いくつもの問題があった。
自殺とする警察。
他殺の可能性を追うブラン。

ナイヴズアウト4.jpg

とても面白いミステリー作品。
色々深読みしたくなる点があるのも良い。
移民差別、大きな財産を持つ家族のいやらしさ、ナイフ、
ハーランの看護師だった移民のマルタが、嘘をつくと必ず吐いてしまうという設定。
もう一度観たくなる、オススメ映画。
ネットフリックス加入者の方は是非とも!!

ナイブズアウト2.jpg

物語の前半では、
これは『刑事コロンボ』や『古畑任三郎』タイプの物語かなと思ったが、ちょっと違った。

ナイヴズアウト3.jpg

謎解きということでは、デヴィッド・フィンチャー監督の『ドラゴン・タトゥーの女』で依頼に応じ事件を捜査する役を演じたダニエル・クレイグだが、今回は全く異なるキャラクターで事件に臨んでいる。
ダニエル・クレイグ、個人的にはとても好きな俳優。

ナイブズアウト.jpg

アメリカ人の移民差別について思うことは、もともとアメリカ人って移民じゃないかということ。
それも原住民から暴力で奪ったうえでの。

エンディングに流れる曲は、僕がこよなく愛するローリンズ・ストーンズの「スウィート・ヴァージニア」。
イギリスのバンドがアメリカを歌うカントリー・テイストの名曲。




大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント