『探偵はBARにいる』 大泉洋 松田龍平

大阪の心斎橋/南船場でバーをやっているので、
というわけでもないですが今日はBAR関連の映画『探偵はBARにいる』について。

大泉洋と松田龍平のコンビによる探偵もの。
シリーズ化されており、これまで3作が公開されている。
今回はまずシリーズ第一作について。

主人公の探偵(大泉洋)は札幌のススキノのバー『ケラーオオーハタ』が根城。
そこにある日”コウンドウキョウコ”という名の女性から、仕事依頼の電話が入る。
探偵(劇中名前は明かされない)は、相棒の大学生高田(松田龍平)とともに調査を開始する。



相棒役の松田龍平がいい味を出してる。
とぼけた感じ、めんどくさい感じ、とても良い。
彼は、だんだん父親(松田優作)に似てきてるように思う。
そういえば、この映画は松田優作主演のテレビシリーズ『探偵物語』と、少しイメージがダブるとこがある。
また、クラブオーナーの沙織を演じる小雪は、色気を含む謎めいた怪しさと、儚さをうまく表現していて、とても魅力的。


『探偵BARにいる』についてAmazonで詳しく見る


大泉洋が好きだ。
キッカケはテレビの『水曜どうでしょう』。
北海道のテレビ局制作なので、大阪では深夜でしか観れなかった。
あとYouTubeとかスカパーとか。
またNetflixでも過去作品が観れるようだ。
とにかく、この番組はとてもとても面白い。
大泉洋だけでなく、他の3人を含めた4人の掛け合いがもう最高。



『CUT』バック・ナンバー常備書店

とはいえやっぱり、大泉洋って凄いと思う。
だがあまり評価が高くないような。
もちろん映画やドラマでも活躍しているので、人気は高いが、それでもまだまだ過小評価されていると思う。
『水曜どうでしょう』は、お笑い系(?)のバラエティでは最高峰の一つだと思うんだけどな。
全国ネットで同時期に観れるようにしてたら、国民的人気番組になったんじゃないだろうか。
DVDはローソン限定だったりとか、囲い込んだことで良かった面もあったと思うけど。


『水曜どうでしょう』についてamazonで見る

『水曜どうでしょう』の大泉洋から比べると、随分シリアスな作品だが、
これはこれで、彼の魅力がよく出た一作。
次の日が仕事休みの夜に、お酒など飲みつつリラックスしながら観たい映画。
オススメです!


大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント