『メメント』 クリストファー・ノーラン <ネタバレあり>

『TENET テネット』のブルーレイ発売が決定した。
これで、心置きなく何度でも不明な点等について検証しながら、観ることが出来る。
もちろん不明な点がある状態でも十分に楽しめた映画だが、2度観ただけでは僕の理解力では追いつかないところがあったので、色々な点からじっくり観たいのである。


『TENET テネット』(4K ULTRA HD&ブルーレイセット)についてamazonで詳しく見る

さて今日はそんな『TENET テネット』を作り出した、クリストファー・ノーラン監督の出世作ともいえる2000年の作品、『メメント』について書いてみたい。



以下ネタバレで、書いていきますので未見の方はご了承の上でお願い致します。

公開当時とても話題になっていたので、とりあえず観に行った『メメント』。
家に侵入し妻を襲い殺害した犯人に殴打され、記憶が10分しかもたない主人公レナード(ガイ・ピアース)が妻を殺したその犯人を捜すという物語。
この映画の大きな特徴は、シーンごとに時間を遡って進行していくところ。
つまり映画冒頭のシーンが最新の出来事で、そこから時間が逆行していく。
事前の情報なく観に行った僕は、物語が過去にさかのぼっていくことに気づいて、まずビックリしたのを覚えている。
逆回しのピストルのシーンなど、まさに『TENET テネット』的。

IMG_3853.jpg

10分しか記憶ができない生活というのを想像してみる。
それはかなり厄介なこと。
厄介という一言では、当然表しきれない苦労や苦悩があるはずである。
僕は人生とは記憶だと考えている。
この場合の記憶とは、事実とはイコールと限らない。
例えヴァーチャルな記憶でも、それが事実だということにして記憶していれば、その人にとってはそれが事実となり、それこそが人生となる。
『マトリックス』の世界のような話である。
この『メメント』にあやしい女ナタリー役で、『マトリックス』でトリニティー役を演じたキャリー=アン・モスが出演している。
『マトリックス』は『メメント』の前年に公開されているが、この配役は偶然なのだろうか?

IMG_3855.jpg

妻を亡くし、自身の10分以上記憶が出来ないという状況の中、レナードは自らの生き方を決める。
それは事実を消し去り、嘘の記憶に基づきそれをどんどん上書きしていくスリリングで充実した人生。

犯人は妻を襲ったが、彼女は一命を取りとめていた。
しかしレナードは犯人に殴打された後遺症で、記憶に障害が起こり、それがもとで妻を死に至らしめる。
実際に妻を殺したのは(結果的に)はレナード自身だった。
だが彼には、もうその記憶が残っていない。
やがて彼は犯人にたどり着き殺害するが、その記憶もない。
そこでその後、協力者(?)テディにとって都合の良い獲物を与えられ、またしてもその男を殺害する。
妻を殺した犯人だと思って。
その後彼は、意識的に記憶を捏造する。
嘘の上書をし、真実を変えてしまうのだ。
そして彼は再び、妻を殺した犯人を捜す人生を始める。
生きるには目的が必要だ。
それは、彼が背負ったものと共に生きていく術でもあるのだ。

IMG_3842.jpg

記憶とは、
アイデンティティとは、
人生とは、
いや、
真実とは。

非常に奥深い作品『メメント』。
この作品は実に傑作だと思う。


『メメント』のBlu-rayについてamazonで詳しく見る


レナードの妻役には、僕が大好きな海外ドラマ『ER 緊急救命室』でドイル役を演じていたジョーシャ・フォックス。

IMG_3865.jpg

『メメント』以降も、特に『インセプション』『インターステラー』『TENET テネット』において時間や空間を用い”生きること”について問いかけてくるクリストファー・ノーラン。
現代の巨匠のひとりだと思う。
作家性の強い作品を作り続けているが、高いレベルのエンターテイメントとしても成立させているところも、これまた非常に素晴らしい。
偉大だ!!


大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント