『母なる証明』 ポン・ジュノ × ウォンビン

ポン・ジュノ監督の2009年の映画『母なる証明』を観た。
当時からとても評判の高かった映画だ。
僕はこれまで、韓国映画はほとんど観ることがなかった。
しかし、同じポン・ジュノ監督のアカデミー賞作品『パラサイト 半地下の家族』を観て以来興味が出てきている。
僕自身ポン・ジュノ監督作は、『パラサイト 半地下の家族』『殺人の追憶』に次いで今回が3作目の鑑賞。



韓国のある町で、女子高生の殺人死体が発見される。
容疑者として逮捕されたのは知的障害をもつトジュン(ウォンビン)。
しかし彼の母親(キム・ヘジャ)は、息子が殺人を否定したこと、そして純粋な彼を溺愛したため、いい加減な警察、やる気のない弁護士を頼りにせず自らの手で真犯人を探そうと奔走する。
さて犯人は?

キム・へジャとウォン・ビンが母子役を演じるサスペンス調の物語。
しかし物語の本質がサスペンスにあるわけではない。
とはいえ、犯人が誰なのか、ということはとても重要な意味を持つ。


『母なる証明』 [Blu-ray]についてamazonで見る

真実は?
と思わせる点がいくつもある。
そのためのヒントとなるシーンも多く、じっくりとしっかりと観なくてはならない。

息子の疑惑を晴らそうと立ち上がる母を演じるキム・ヘジャの鬼気迫る演技が凄い。
またオープニングでのダンス・シーンは奇妙に思えたが、映画を観終わるとその意味性を強く感じることになる。



息子のトジュンを演じたウォンビンは、兵役などからこの作品が5年ぶりとなる出演作。
彼は韓流ブームの先駆けとなった、ユン・ソクホ監督の四季シリーズ第一作となるドラマ『秋の童話』に出演していた。
当時は”韓流四天王の一人"と呼ばれたりしていた。
そんな彼が5年ぶりの出演作に、この役を選んだことはなかなかの役者根性だなと、ちょっと思った。


『秋の童話』DVD-BOX 1 についてamazonで見る


また気になっているのが、いくつも出てくる性的なものを連想させるシーン。
あれの意味するものは?
これが、まるで分からない。

母なる証明2.jpg

ポン・ジュノは、”鬼才”という言葉が似合う監督だと思う。

これまで僕が観た3作は、どれも後味の良いものではない。
ハリウッド映画が好きな僕には、最適な作品ではないはずだ。
しかし間違いなく、集中して入り込むことができる面白い映画ばかりだった。
他の作品も、引き続き観てみたい!


大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント