海外ドラマ『マンダロリアン』 Disney+(ディズニープラス)

昨年末ディズニープラスに加入したので、以前から評判の良さを知って気になっていたドラマシリーズ『マンダロリアン』を観た。
これは『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ作品。
『スター・ウォーズ』好きの僕としては、当然観ないわけにはいかない(ディズニープラス独占配信)。

IMG_9005.jpg

今のところシーズン2まで終了しているのだが、結論からいうとムチャクチャ面白かった。
そして観た人はみんな言っているが、ベビーヨーダがたまらん可愛い。



あまりの可愛さに、思わず動くベビーヨーダ買っちゃいました。
これがまた、たまらん可愛いのですよ。


ベビーヨーダ(ザ・チャイルド) アニマトロニック エディションについてAmazonで見る

物語は、『スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』から5年後。
帝国が滅亡した後の銀河で、孤独な賞金稼ぎとして生きる主人公のマンダロリアン(マンダ―と呼ばれている)。
今回請け負った仕事は、惑星惑星アルバラー7に行き獲物を持ち帰ること。
手に入れた獲物というのが、いわゆるベビーヨーダこと、ヨーダと同じ種族の幼児ザ・チャイルド。
マンダ―はザ・チャイルドを依頼主に引き渡すが、その後の扱いが気にかかり、ザ・チャイルドを取り戻し逃亡する。
帝国の残党だった依頼主は、執拗にマンダ―とザ・チャイルドを追いかける。



『スター・ウォーズ』シリーズのキャラクターも登場。
当然地続きの物語ではあるが、ジェダイ・帝国・ヨーダ・フォースなど最低限の知識さえあれば十分楽しめる。
わりとシンプルな作り(西部劇+子連れ狼という説明をする人もいるが、確かに納得)。
だが、きめ細かく作られているため、とっても面白い作品になっている。

IMG_8988 (1).jpg
なおマンダロリアンとは、惑星マンドロア出身の戦士たちの総称。
だが種族や出身地が必ずしも必須条件ではないようである。
また惑星マンドロアを追いやられたマンダロリアンは、その後影を潜めるようにして生きている。
なので物語の中でも、もはや珍しい存在として認識されている。

色んなキャラクターが出てきて、それぞれがしっかり描かれている。
かなりの完成度だと思う。
シーズン1一回目から出てくる、現地で農民として暮らすクイールには胸打たれる。
シーズン2に出てくる受精前の大事な卵を持ち、夫のいる星にマンダーと向かうカエル系種族の奥さん愛おしかった。
そしてその卵を狙う、食い意地の張ったベビーヨーダがまた可愛い。

IMG_9011 (1).jpg

この子はとにかく食い意地の張り具合がハンパない。

IMG_9017.jpg

原案・脚本は、『アイアンマン』などマーヴェル作品の製作総指揮や監督を務めるジョン・ファヴロー。
ジョン・ファヴローの仕事ぶりお見事です。

スピンオフというと、どうしても本編のおまけ的な位置づけというか、少しクオリティが落ちるものというイメージを僕は勝手に持っていた。
また、マニア向けのモノという印象もある。
だが、この作品は全くそうではない。
同じく『スターウォーズ』のスピンオフだった映画『ローグワン』もかなり面白かったけど、この『マンダロリアン』もかなりのハイレベルな面白さ。
僕は一気見してしまいました。
ワクワク感が最後まで続く素敵なドラマ。
『スター・ウォーズ』ファンは言わずもがなだが、上述したようにそれほど深いスターウォーズの知識は必要としないので、このドラマ是非ともお試し願いたい!

なお、このドラマの中に出てくるボバ・フェットを主人公としたドラマも最近始まった。
これも観なきゃ!!



大阪心斎橋でBARやってます。
Cafe&Bar Almost Famous


twitter
Almost Famous@intothegloove


instagram
Almost Famous


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント