『ニューオーリンズ・トライアル』 ジョン・キューザック

深夜スカパーのスターチャンネルで『ニューオーリンズ・トライアル』(2003年アメリカ公開)が放送されていたのでつい観てしまった。
好きな映画なんですよ、これ。

主演はジョン・キューザック。
他にもジーン・ハックマン、ダスティン・ホフマン、レイチェル・ワイズなどが出演。

銃規制に関する裁判を扱った法廷サスペンス。
この映画の面白いところは、陪審員に焦点をあてているところ。
なので弁護士より、陪審コンサルタントが裁判の結果に大きな影響を与えているという作りになっている。



アメリカの裁判は、陪審員によって裁判の評決が下される。
なのでどういう人間は陪審員になるかによって、大きく裁判の結果が左右される。
もちろん本来は事実関係が重要なのだが、法律の知識のない一般の人はやはり自身の倫理観・イデオロギー・自分の置かれてる立場などによって結論が左右される可能性が高いことは容易に想像できる。
陪審員は無作為に選ばれた候補者の中から、原告側被告側の弁護士が面接をして選ぶ。
自分の側に不利だと思える候補者の場合は拒否できる。
そこで出てくるのが陪審コンサルタント。
陪審員候補者の中から、様々な情報をもとに自分たちに有利になるような陪審員を選任するのが彼らの役目。



ジョン・キューザック演じるニコラスは陪審員。
被告側の陪審コンサルタントがジーン・ハックマン演じるフィッチ。
このジーン・ハックマンが迫力のある演技を見せてくれる。
原告側の弁護士を演じるダスティン・ホフマンは、いつものしっかりとした演技で物語を締める。
レイチェル・ワイズ演じるマーリーは、両陣営に高額で陪審員を動かし評決を売ると持ち掛ける謎めいた役柄。

IMG_0794.jpg

レイチェル・ワイズは、この作品のほかにも『ナイロビの蜂』や『否定と肯定』のような社会性のある役を演じている。
なので僕としては、そういう役柄が得意なイメージを持っている。
とはいえ、あまり彼女について詳しくないので、あくまで僕の観た範囲での印象でしかないんだけど。

IMG_0779.jpg

主役のジョン・キューザックは好きな俳優。
あの表情および顔つきが好き。
ジーン・ハックマンのような、力強く迫力のある表情とは対極にある感じに親しみを覚える。
僕の好きな監督キャメロン・クロウの監督デビュー作『セイ・エニシング』や『マルコヴィッチの穴』『2012』などにも出演している彼。
ですが、僕が特に好きなのは『アイデンティティー』と『ハイ・フィデリティ』。
サスペンス(サイコ・ホラー的な要素もあります)好きな方には『アイデンティティー』は絶対のオススメであります!




『アイデンティティー』の詳細をamazonで見る

また僕の好きな映画である、たばこ会社との訴訟に関するテレビ局のプロデューサー(アル・パチーノ)と大手タバコ会社副社長(ラッセル・クロウ)を描いた物語『インサイダー』で、印象に残る弁護士を演じたブルース・マッギルが今作では判事役で出演している。

IMG_0797.jpg

もしかしたらあまり有名ではない映画かもしれませんが、この『ニューオーリンズ・トライアル』とてもおススメしたい一作であります。

それにしても、このアメリカの陪審員制度、何か釈然としません。
良いのか、本当にこれで?



"『ニューオーリンズ・トライアル』 ジョン・キューザック" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント