『フェノミナン』 ジョン・トラボルタ ~「チェンジ・ザ・ワールド」は良い曲!

エリック・クラプトンが歌って大ヒットした「チェンジ・ザ・ワールド」は日本でもヒットし有名だが、この曲が用いられた映画『フェノミナン』はあまり知られてない。
いい映画だと思うんだけどな~
もちろん「チェンジ・ザ・ワールド」は良い曲!



1996年のアメリカ映画『フェノミナン』。
監督は『クール・ランニング』や『あなたが寝てる間に…』(サンドラ・ブロック)・『キッド』(ブルース・ウィリス)などのジョン・タートルトーブ。
主演はジョン・トラボルタ。
共演にキーラ・セジウィック、フォレスト・ウィテカー、ロバート・デュバルなど。



田舎町で暮らすジョージ(ジョン・トラボルタ)は37歳の誕生日の夜、不思議な閃光を目撃、その場に倒れる。
その後彼には、不思議な能力が。
頭脳も明晰になり、彼はその力を役に立てたいと思うが、逆に周りの人間を遠ざけることとなる。

フェノミナン.jpg

平凡だった心優しき男の、ハートウォーミングな物語。
ジョン・トラボルタがとてもいい味を出しています。


『フェノミナン』についてAmazonで詳しく見る

冒頭で触れた劇中歌「チェンジ・ザ・ワールド」だが、この曲はクラプトンのオリジナルではない。
オリジナルはワイノナ・ジャッドというカントリー・シンガーの96年発表(クラプトン版と同年)の曲。
母娘デュオのザ・ジャッズで80年代にデビューし、人気を博していて、
(当時僕はアルバムを買っており、探せばアナログが見つかるはず。カントリー系の音楽好きなんです。)
91年にデュオ解散後はソロアーティストとして活躍、全米NO.1ヒットも持っている。
(90年代の前・中盤の全米チャートってなかなか面白く、カントリー・グランジ・ヒップホップがそれぞれ大ヒットを連発していた。)
そんな彼女の曲をベイビーフェイスのプロデュースのもと、エリック・クラプトンがリメイクし大ヒットした。



"『フェノミナン』 ジョン・トラボルタ ~「チェンジ・ザ・ワールド」は良い曲!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント